今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “村の占い師”から第8場“パントミム” ジャン=ジャック・ルソー | TOP | 熟したさくらんぼ(Cherry Ripe)   フランク・ブリッジ >>
チェリー・ブロッサム   ゲイリー・ショッカー

今日はゲイリー・ショッカー(1959〜)の“チェリー・ブロッサム”だよ

ショッカーの作品は一度紹介したことがあるね


ところで

日本からワシントン※に贈られた桜がタフト大統領の夫人ヘレン珍田捨巳駐米全権公使の夫人いわにより植樹されたのはちょうど100年前の1912年3月27日
※ “Washington DC US”へ“ジャンプ”!

ワシントンにフィリピン※1のルネタ公園(リサール公園)※2のような市民の憩いの場を作ろうとしたヘレン夫人の当初の構想に桜の植樹は入っていなかったんだけど
※1 “Manila Philippines”へ“ジャンプ”!
※2 タフト大統領はアメリカ統治下のフィリピンで初代知事
  (1901〜03)を歴任

エリザシドモア(1856〜1928)やデヴィッド・フェアチャイルド(1869〜1954)の勧めで桜を植えることに同意


アドレナリンタカジアスターゼを発見してアメリカで財を成した高嶺譲吉博士(1854〜1922)により東京市の名前で2000本の桜がワシントン市に寄贈されることになったんだ


もっとも

その桜は検疫の結果、害虫に汚染されていたので焼却処分に(1910年1月)

その後

東京市長尾崎行雄(1858〜1954)が中心になって改めて贈られた3020本の桜が1912年3月26日、ワシントンに到着

当時植えられた桜はほとんど残っていないけど

このプレートがある辺りには2本あるらしいから

ワシントンに行ったときはこの辺りを探してみてね

ニュースソースはこちら


そうそう

今年もワシントンでは桜祭りが開催されているよ

人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはエミリー・ミッチェルのハープ、ゲイリー・ショッカーのフルート、ダニエル・ギルバートのクラリネット、カヴァーニ四重奏団による演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

メルマガでご紹介したアルバムです。

試聴はこちらで9番をクリック!

ワシントン記念塔今の様子です。
記念塔の左下に小さく見えているのはジェファーソン記念館

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990871
トラックバック