今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “アテネの廃墟”から“序曲”   ベートーヴェン | TOP | サンタが町にやって来る(Santa Claus is Coming to Town)   クリスマス >>
ギリシャ風ディヴェルティメント   フィリップ・ゴーベール

今日はフィリップ・ゴーベール(1879〜1941)の“ギリシャ風ディヴェルティメント”だよ

フランスのカオール※1出身のゴーベールは1913年から1919年までパリ音楽院管弦楽団※2のフルート奏者※3として活躍し
※1 “Cahors France”へ“ジャンプ”!
※2 現在はパリ管弦楽団
  “Paris”へ“ジャンプ”!
※3 マルセル・モイーズ(1889〜1984)、ミシェル・デボ
  スト
(1934〜)といった名フルーティストが名を連ねて
  いることからこのポストがいかに重要なものであるか
  が窺い知れるでしょ

1919年からはこのオーケストラの首席指揮者に就任※
1938年まで

その他にもパリ国立オペラの首席指揮者、パリ音楽の教授を務めるなど

20世紀前半のフランス音楽界で中心的役割を果たしていたんだよ


PS
メルマガで紹介したアルバムで第1フルートを担当しているのはジャック・ズーン(1961〜)

“トップ”→“海外ツアー”→地図中“ヨーロッパ”→“フランス”とクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはフェンウィク・スミスとジャック・ズーンのフルート、アン・ホブソン・パイロットのハープによる演奏です。
 NAXOSには他に
マルク・グローウェルスとクラウディ・アリマニーのフルート、ウリッセ・ワーテルロー指揮ワーテルロー室内管弦楽団の演奏(NML番号8.555954の7番)
ブリジット・ダグラスのフルートとレイチェル・トンプソンのピアノによる演奏(NML番号MMT2039の7番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

メルマガでご紹介したアルバムです。

試聴はこちらで5番をクリック!

エッフェル今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990866
トラックバック