今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “ノアの洪水”から前奏曲   サン=サーンス | TOP | “アテネの廃墟”から“序曲”   ベートーヴェン >>
“アメリカの古い歌”第2集から第4曲「川辺にて」   コープランド

今日はアーロン・コープランド(1900〜1990)の“アメリカの古い歌”第2集から第4曲「川辺にて」だよ

この曲の元になっているのはロバート・ローリー(1826〜1899)の賛美歌“まもなくかなたの(Shall We Gather at the River ?)“※(1864)
※ 神の都での再会(ヨハネの黙示録第22章)を願う内容
 
  試聴はこちらで14番をクリック!

日本では「たんたんタヌキの…」でお馴染みのメロディーだけど

こんな替え歌を作った人は地獄行き?

因みに

同じ賛美歌を題材にしてチャールズ・アイヴズ(1874〜1954)も作品を残しているよ
NAXOSでは
サラ・ヤクビアクのソプラノとダグラス・ディクソンのピアノによる演奏(NML番号8.559269の11番)
ウィリアム・シャープのバリトンとスティーヴン・ブライアーのピアノによる演奏(NML番号TROY079の25番)
ヴェロニカ・レンツ=クーンのソプラノとタン・クローネのピアノによる演奏(NML番号CTH2406の11番)
NAXOS以外では

ジャン・デガエターニの歌(試聴はこちらで12番をクリック!

試聴はこちらで18番をクリック!

試聴はこちらで25番をクリック!

試聴はこちらで8番をクリック!

試聴はこちらで31番をクリック!

人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはジェイムズ・キャンベルのクラリネットとチャ−ルズ・H・ウェッブのオルガンによる演奏です。
 聞き比べの出来る演奏はこちらで作曲者に“Copland, Aaron”、楽曲タイトルに“at the river”と入力して検索してみて下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

試聴はこちらで2番をクリック!

マリリン・ホーンのメゾ・ソプラノ他の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc2の19番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ローラ・ナッシュマンのフルート他の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで2番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

サミュエル・レイミーのバス他の演奏です。(試聴できません)

メルマガでご紹介したアルバムです。(試聴はこちらで19番をクリック!)

コープランドの故郷ブルックリンのとある街角の今の様子です。
Google Earthが使える人は“Brooklyn NY US”へ“ジャンプ”するとブルックリンの衛星写真などを見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990864
トラックバック