今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< わが瞳に輝ける星(Stars in My Eyes)   フリッツ・クライスラー | TOP | “アメリカの古い歌”第2集から第4曲「川辺にて」   コープランド >>
“ノアの洪水”から前奏曲   サン=サーンス

今日はカミーユ・サン=サーンス(1835〜1921)の“ノアの洪水”から前奏曲だよ

これは聖書の“ノア(Noah's Ark)”の話を基にルイ・ガレ(1835〜1898)が脚本を書きサン=サーンスが音楽を担当して1875年に作られたオラトリオ“Le Déluge(大洪水)”の冒頭の曲

このオラトリオは翌年の3月5日、シャトレ※でエドゥアールコロンヌ(1838〜1910)の指揮によって初演されたんだって
※ “Google Earth”で“Paris”へ“ジャンプ”!

傑作という評価もあるみたいだけど

今では演奏会で取り上げられるのは前奏曲のみで

全曲を通して上演されることはめったにないみたいだね

“トップ”→“海外ツアー”→地図中“ヨーロッパ”→“フランス”とクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはジャン=ジャック・カントロフ指揮タピオラ・シンフォニエッタの演奏です。
 NAXOSには他に
ガブリエル・ウィローム※のヴァイオリンとカミーユ・サン=サーンスのピアノによる演奏(NML番号SYMP1305の22番)
※ “Click on an image to zoom in”の右端をクリック!
アンジェル・デュボーのヴァイオリンとレイチェル・ローリン のオルガンによる演奏(NML番号AN28704の9番)
フィリップ・ベルノルドのフルートとアリーヌ・ヤコブのピアノによる演奏(NML番号LVC1090の4番)
アルトゥーロ・サッケッティのオルガンによる演奏(NML番号ARTS47556-2の3番)
中村均一のソプラノ・サクソフォン、谷野響子と宮本かおるのヴァイオリン、徳高真奈のヴィオラ、永山利彦のチェロによる演奏(NML番号MM1073の12番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

オーギュスタン・デュメイのヴァイオリン、マニュエル・ローゼンタール指揮モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで6番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ダニエル・バレンボイム指揮シカゴ交響楽団の演奏です。(試聴できません)

ロス・ポプル指揮ロンドン祝祭管弦楽団の演奏です。(試聴できません)

試聴はこちらで17番をクリック!

試聴はこちらでDisc1の1番をクリック!

ダニエル・バレンボイムの指揮による演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで5番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990863
トラックバック