今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 遠い空の向こうに(October Sky)   ホーマー・ヒッカム | TOP | オクトパス・ガーデン(Octopus's Garden)   リンゴ・スター >>
りんごの花(Apple Blossoms)   フリッツ・クライスラー

今日はフリッツ・クライスラー(1875〜1962)の“りんごの花(Apple Blossoms)”だよ

Apple Blossoms”※1は1919年にブロードウェイ※2で公開されたオペレッタで
※1 ナンシーは伯父さんの薦めるフィリップと結婚
  しかし二人にはそれぞれディッキーと若い未亡人とい
  う意中の人がいて
  結婚式の後にお互いに告白する
  伯父さんは二人を別れさせたくなかったのだが自分の
  結婚観が古いことを反省して
  二人を離婚させようと尽力するようになる
  ところが
  二人は結婚生活が意外に楽しくなっており
  伯父さんの幸せのためにも二人で暮らしていこうと決
  心するのであった
  メデタシメデタシ?っていうお話
  脚本 ウィリアム・ルバロン(1883〜1958)
  音楽 フリッツ・クライスラー
    ヴィクトル・ヤコビ(1883〜1921)
※2 グローブ劇場 フレッド・アステア(1899〜1987)も出演

1932年にウィーンで初演されたクライスラーの“Sissy”※にはクライスラーのヴァイオリンの名旋律のほかに“Apple Blossoms”からも曲が流用されているよ
※ オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフがSissy
  (后妃エリザベートの愛称)と結婚するまでの顛
  末を描いたオペレッタ
  脚本 エルンスト・マリシュカ(1893〜1963)
     フーベルト・マリシュカ(1882〜1959)
  音楽 フリッツ・クライスラー


因みに

メルマガで紹介した演奏はこのミュージカルの曲をクライスラーがピアノ用に編曲して自ら弾いているもの

クライスラーは正規のピアノ教育を受けたことがないんだけど

ウィーン音楽院時代※に独学でマスターし
※ 史上最年少の7歳で入学を許され
  アントン・ブルックナー(1824〜1896)からは和声学
  と音楽理論を学ぶ

声楽曲やヴァイオリン曲の伴奏パートをクライスラーが暗譜していることを知ったヘルメスベルガー(1855〜1907)は他の生徒の演奏の際、ピアノ伴奏をクライスラーに任せたりしたらしいよ

また

ポーランドの首相も務めた伝説的ピアニストイグナツィ・パデレフスキー(1860〜1941)がクライスラーの奥さんハリエット

フリッツが専門のピアニストにならなかったことは私にとってたいへん幸運だった

と語り、ヒュー・ギブソン(1883〜1954)大使には

クライスラーがピアノで身を立てていたなら、私は食うに困っていたでしょう

と語っているくらいだから、その腕前は折り紙つき

クライスラーは語学の才能にも恵まれていたようで

天はクライスラーに二物も三物も与えちゃったみたいだねぇ

“トップ”→“海外ツアー”→地図中“ヨーロッパ”→“オーストリア”とクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

試聴はこちらで13番をクリック!

試聴はこちらで4〜6番をクリック!

ウィーンのブルク劇場今の様子です。
Google Earthが使える人は“Vienna”へ“ジャンプ”するとウィーンの衛星写真などを見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990858
トラックバック