今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< ポルカ・フランセーズ“新生活”   ヨハン・シュトラウス2世 | TOP | ホワッツ・ニュー?(What's new ?)   ビング・クロスビー >>
新しい愛の島   ジェルメーヌ・タイユフェール

今日はジェルメーヌ・タイユフェール(1892〜1983)の“新しい愛の島(La nouvelle Cythère)”だよ

タイユフェールは1900年代前半にフランスで活躍した“六人組”※の中の紅一点で
ルイ・デュレ(1888〜1979)
  アルテュール・オネゲル(1892〜1955)
  ダリウス・ミヨー(1892〜 1974)
  フランシス・プーランク(1899〜1963)
  ジョルジュ・オーリック(1899〜1983)

“新しい愛の島”はルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィル※(1729〜1811)の“世界周航記”を基にバレエを創作して欲しいというセルゲイ・ディアギレフ(1872〜1929)の依頼で出来た曲
※ フランスの探検家でブーゲンビル島*やブーゲンビリア
  は彼の名前に由来
  *“Bougainville Island”へ“ジャンプ”!
 

もっとも

ディアギレフの死により公演はキャンセルされ、タイユフェールの作品も失われたものと思われていたんだけど

四手のピアノのための楽譜が発見されて再び日の目を見ることになったんだ

試聴できません。

“トップ”→“海外ツアー”→地図中“ヨーロッパ”→“フランス”とクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはブリラーナー・デュオの演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

タイユフェールの生地サン=モール=デ=フォッセから約10km北西にあるパリ市庁舎今の様子です。
Google Earthが使える人は“Saint-Maur-des-Fossés France”へ“ジャンプ”するとサン=モール=デ=フォッセの衛星写真などを見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990847
トラックバック