今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “晩夏の夜”から第1番   ヴィルヘルム・ステーンハンマル | TOP | ホームワーク組曲   ゴードン・ゲッティ >>
3月の水(Waters of March)   アントニオ・カルロス・ジョビン

今日はアントニオカルロスジョビン(1927〜1994)の“3月の水(Waters of March)”だよ

これは3月のリオデジャネイロ※にインスピレーションを得て作られた曲で
※ “Rio de Janeiro”へ“ジャンプ”!

3月のリオというと夏の終わりの雨の多い時期

だからオリジナルのポルトガル語の歌詞には“São as águas de março fechando o verão(3月の雨、夏の終わり)”というフレーズが出てくるんだけど

ジョビン自身による英語では北半球の3月を意識して“the promise of spring”とか“the joy in your heart”というフレーズを使っていたり

ブラジル特有の“peroba do campo”や“matita pereira”※、“Festa da cumeeira”、“garrafa de cana”をカットするなど
※ ブラジルの民話に出てくる一本足の妖怪

英語圏の国(特にアメリカ)でも受け入れてもらえるように工夫してるね


PS
“3月の水”は2001年にフォーリャ・ヂ・サンパウロ紙が214人のジャーナリストやミュージシャン、アーティストを対象に行ったアンケートで史上最高のブラジル音楽にされているよ

“トップ”→“海外ツアー”→地図中“中南米・カリブ”→“ブラジル”とクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはグィド・バッソのフリューゲルホルン他の演奏です。
 NAXOSには他に
ミーナ・アゴッシのヴォーカル他の演奏(カタログ番号NJ620411の5番)
ベウシオールのヴォーカル他の演奏(カタログ番号BS-264の19番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 増刊号の索引はこちら

 NAXOS以外では

エリス・レジーナ&アントニオ・カルロス・ジョビンの演奏です。

エリス・レジーナ&アントニオ・カルロス・ジョビンの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ジョアン・ジルベルトの演奏です。

小野リサの歌です。(ディスク2の12番)

スザンナ・マッコークルの歌です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

バーシアの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで5番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ビリー・ストリッチの歌です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ルシアーナ・スーザの歌です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで12番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

メリッサ・ペイスの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで4番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

リオデジャネイロ今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990842
トラックバック