今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “ペール・ギュント”第1組曲から第1曲“朝”   グリーグ | TOP | 交響曲第48番 ハ長調“マリア・テレジア”   フランツ・ヨーゼフ・ハイドン >>
谷間に三つの鐘が鳴る(The Three Bells)   エディット・ピアフ

今日はバート・ライスフェルド(1906〜1991)作詞、ジャン・ヴィラール=ジル(1895〜1982)作曲の“谷間に三つの鐘が鳴る(The Three Bells)”だよ

メルマガでは1959年にブラウンズが歌って大ヒット※した英語バージョンを紹介しといたけど
※ Billboard 'Hot 100' ではNo.1になり(Aug. 24 -
  Sept. 20 1959
)
  受賞は逃したけど1959年のグラミー賞(年間最優秀
  レコード部門)にノミネートされたんだ
  因みに
  その年の年間最優秀レコード賞を受賞したのはボビー
 
ダーリン(1936〜1973)の“Mack The Knife
  2004年にボビーの短い生涯を描いた“夢見るように
  歌えば
(Beyond the Sea)”がリリースされてるよ
 

オリジナルは“Les trois cloches

エッディット・ピアフ(1915〜1963)とレ・コンパニオン・ドゥ・ラ・シャンソンは1945年から1946年にかけてこの曲を引っさげてアメリカ・ツアーをしてるよ

試聴できません
(NML番号RTR-4127の1番)

“トップ”→“海外ツアー”→地図中“ヨーロッパ”→“スイス”とクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはサラ・テナント=フラワーズ指揮ヴィクトリア・シンガーズの演奏です。
 NAXOSには他にブラウンズ&アニタ・カー・シンガーズの演奏(カタログ番号RTR-4161の26番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 増刊号の索引はこちら

 NAXOS以外では

ブラウンズの歌です。(試聴できません)

レ・コンパニオン・ドゥ・ラ・シャンソンの歌です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ナナ・ムスクーリの歌です。

プラターズの歌です。

ピエール・ポルト・オーケストラの演奏です。

ジャン・ヴィラールの故郷モントルー今の様子です。
Google Earthが使える人は“Montreux Switzerland”へ“ジャンプ”すると衛星写真と街の写真が見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990815
トラックバック