今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 青春の歓喜(Youthful Rapture) パーシー・グレインジャー | TOP | 雨ぞふる(Rain Coming)   武満徹 >>
ヘヴンリィ・ミュージック(Heavenly Music)   サム・コスロウ

今日はサム・コスロウ(1902〜1982)の“ヘヴンリィ・ミュージック(Heavenly Music)”だよ

10代で曲を書き始めたコスロウは1928年に楽譜出版社(Spier and Coslow)を設立

でも

翌年には活動の拠点をニューヨーク※1からハリウッド※2に移し
※1 “NY US”へ“ジャンプ”!
※2 “LA CA US”へ“ジャンプ”!

会社もパラマウント映画に売却

自らはパラマウント付きの作曲家になりアーサー・ジョンストン(1898〜1954)とのコンビで多くの映画に音楽

1940年代には映画制作の分野にも進出し

1943年に“Heavenly Music”でアカデミー賞(短編映画部門)を受賞

今日の曲はこの映画のために書かれたものなんだよ


ところで

天国なんておとぎ話にすぎない」っていうホーキング博士(1942〜)にしてみれば

Rapture”なんて沙汰の限りなんだろうね

“トップ”→“海外ツアー”→地図中“北米”→“ロサンゼルス”とクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはベリル・デイヴィスのヴォーカルとステファン・グラッペリ・カルテットの演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 増刊号の索引はこちら

 NAXOS以外では

ペリー・コモの歌です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで22番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ステファン・グラッペリ他の演奏です。(試聴できません)

メルマガでご紹介したアルバムです。(試聴できません)

ハリウッドサイン今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990808
トラックバック