今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< キス(Kiss)   マリリン・モンロー | TOP | ポルカ・シュネル“ツバメが運んだ便り”   ヨーゼフ・シュトラウス >>
ツバメの挨拶   ヨハン・シュランメル

今日はヨハン・シュランメル(1850〜1893)の“ツバメの挨拶”だよ

1879年、ヨハン・シュランメル(Vn.1st)は弟のヨーゼフ(Vn.2nd,1852〜1895)、コントラ・ギターのアントン・シュトローマイヤー(1848〜1937)、クラリネット(G管)※1のゲオルク・デンツァー(1848〜1890)とともに四重奏団※2を結成
※1 シュランメル・アコーディオンの場合もあり
  因みに
  現在ではギターとアコーディオンだけの演奏の方が
  多いかも
※2 こちらで7〜9段目の写真参照
  オリジナルの団体の直系というわけではないけど
  ウィーンではシュランメルの名を冠したアンサン
  ブル
が活躍してるよ

ホイリゲ(Heuriger)※などで演奏された彼らの肩の凝らない音楽はウィーンっ子の間で評判になり
※ “Vienna”へ“ジャンプ”!

シュランメルムジークと呼ばれるようになったんだ

そうそう

ヨハン・シュトラウスブラームスシェーンベルクも熱烈な支持者だったらしいよ


ウィーンに行ったらホイリゲでワイン片手にシュランメルムジークを楽しんでね

“トップ”→“海外ツアー”→地図中“ヨーロッパ”→“オーストリア”とクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはクラングフォルム・ウィーン他の演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

メルマガでご紹介したアルバムです。

試聴はこちらで5・13番をクリック!

ウィーンのブルク劇場周辺の今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990803
トラックバック