今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 春が来た   ルロイ・アンダーソン | TOP | わが心に歌えば(With A Song In My Heart)   ロジャース&ハート >>
凍てつく時は去り   作曲者不詳

今日は作曲者不詳の“凍てつく時は去り”だよ

メルマガでは歌なしの演奏を紹介しておいたけど

これはベネディクトボイレン修道院で発見された詩歌集“Carmina Burana※(カルミナ・ブラーナ)”の153番目の詩に曲を付けたもので
※ ミュンヘンのバイエルン州立図書館蔵の写本
  “Munich Germany”へ“ジャンプ”!

歌詞は以下の通り

Tempus transit gelidum,
氷の季節は去り
mundus renovatur,
世界は生まれ変わった
verque redit floridum,
野に花が戻り
forma rebus datur.
すべてが美しくなる
avis modulatur,
鳥は歌う
modulans letatur
喜び歌う
avis modulatur,
modulans letatur
lucidior
明るく
et lenior
優しく
aer iam serenatur;
いまや空は晴れ渡り
iam florea,
花が咲き乱れ
iam frondea
葉は茂り
silva comis densatur.
森は美しく装う


Ludunt super gramina
草の上で遊ぶ
virgines decore,
美しい乙女たち
quarum nova carmina
その新鮮な歌声
dulci sonant ore.
口から甘く響き
annuunt favore volucres canore,
鳥の歌と調和する
favet et odore tellus picta flore.
大地を彩る花の香りもそれに加わる
cor igitur
それゆえ心は
et cingitur et tangitur amore,
愛に接し囚われる
virginibus
乙女たちや
et avibus
鳥たちは
strepentibus sonore
高らかに歌う


Tendit modo retia puer pharetratus;
矢筒を纏(まと)った少年は罠をしかけ
cui deorum curia prebet famulatus, 
すべての神々さえその僕(しもべ)となる
cuius dominatus nimium est latus,
その支配は遥か遠くまで及び
per hunc triumphatus sum et sauciatus: 
傷を負わせて勝利する
pugnaveram et fueram in primis reluctatus, 
初めのうちは抵抗しても
sed iterum per puerum sum Veneri prostratus. 
結局はヴィーナスの虜に


Unam, huius vulnere saucius, amavi,
矢に射抜かれ恋に落ち
quam sub firmo federe michi copulavi.
愛の絆を強めた
fidem, quam iuravi,
忠実であることを誓い
numquam violavi;
けっして破らない
rei tam suavi totum me dicavi. 
まったくその魅力に夢中
quam dulcia sunt basia
甘いキスをして
puelle! iam gustavi:
いまや乙女は味わう
nec cinnamum et balsamum 
シナモンもバルサムも
esset tam dulce favi!
これほど甘くない

以上はラテン語

翻訳の正確さは保証できないよ

で、続きの部分は古いドイツ語なので原文のみ

Vrowe, ih pin dir undertan
des la mich geniezen!
ih diene dir, so ih beste chan;
des wil dih verdriezen.
nu wil du mine sinne
mit dime gewalte sliezen.
nu woldih diner minne
vil sůze wunne niezen.
vil reine wip,
din schoner lip
wil mih ze sere schiezen!
uz dime gebot
ih nimmer chume,
obz alle wibe hiezen!


カール・オルフ(1895〜1982)がこの詩歌集を基に作った曲の方が有名だね


“トップ”→“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“ドイツ”→“ミュンヘン”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはアンサンブル・ユニコーンの演奏です。
 NAXOSには他に
アンサンブル・ヴィラネッラの演奏(カタログ番号MRCD002の3番)
ニューオリンズ・ムジカ・ダ・カメラの演奏(カタログ番号CRC2145の11番)
フライブルク・シュピーレイトの演奏(カタログ番号AM232240の2番)
ミレナリウムの演奏(カタログ番号RIC238の1・9番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

クレマンシック・コンソートの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで11番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ラ・レヴェルディの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで15番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

メルマガでご紹介したアルバムです。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで6番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ミュンヘンののマリエン広場今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990780
トラックバック