今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 組曲“白いトナカイ”   エイナル・エングルド | TOP | 競馬ギャロップ   ヨハン・シュトラウス1世 >>
トナカイ・ラグ(Reindeer Rag)   ジョゼフ・ラム

今日はジョゼフ・ラム(1877〜1960)の“トナカイ・ラグ(Reindeer Rag)”だよ

ラグタイムにおけるビッグ・スリー※の一角を占める作曲家と評価されるラムだけど
※ 他の二人はスコット・ジョプリン(1867年6月から1868年
  1月の間〜1917)とジェームズ・スコット(1885〜1938)

もともとラムはアマチュア・ミュージシャンで大学を中退して会社勤めをしていたんだ

そのようなラムに転機が訪れたのは1907年のこと

スコット・ジョプリンやジェームズ・スコットの最新作を手に入れるためにジョプリンの楽譜を出版していたジョン・スタークのオフィス(1841〜1927)を訪れたラムは偶然、敬愛するジョプリンと出会い

ラムの作品に好感を持ったジョプリンがスタークに推薦したことからラムの作品が出版されることになったんだって


ところで

幻覚作用があるベニテングタケはトナカイの好物

このキノコを食べてハイになったトナカイが飛び跳ねながらそりを引く様子がトナカイに引かれたサンタのそりが空を飛ぶ伝説のルーツ?!

“トップ”→“海外旅行”→“キーワードから探す”に“ラップランド”と入力して“検索する”をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはポール・ブロディーのサクソフォン、エリック・ロバートソンのピアノ、ジム・ピリーのバンジョー他による演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 増刊号の索引はこちら

 NAXOS以外では

イースタン・ブラス・クインテットの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで5番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

サンタ村今の様子です。
Google Earthが使える人は“Napapiiri Finland”へ“ジャンプ”するとサンタ村の衛星写真と村の写真を見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990759
トラックバック