今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< ジングルベル・ロック(Jingle Bell Rock)   ボビー・ヘルムズ | TOP | ノルウェーの愛の歌   シーグル・イスランスモーン >>
平和よ、ヨーロッパは汝を喜ぶ   ジョン・エクルズ

今日はジョン・エクルズ(1668〜1735)の“平和よ、ヨーロッパは汝を喜ぶ”だよ

エクルズは大バッハと同時代のイギリスで活躍した音楽家で

1700年から1735年まで国王(or女王)の音楽師範※を務めており
※ 現在の音楽師範はピーター・マックスウェル・デイヴィス

4代の君主※に音楽師範として仕えたのはエクルズだけなんだよ
ウィリアム3世(1650〜1702;在位1689〜1702)と
  メアリー2世(1662〜1694;在位1689〜1694)の共
  同統治時代→アン女王(1665〜1714;在位1702〜
  1707)→ジョージ1世(1660〜1727;在位1714〜
  1727)→ジョージ2世(1683〜1760;在位1727〜
  1760)


ところで

エクルズが活躍した17世紀後半から18世紀前半には覇権を競っていたヨーロッパ各国間でスペイン継承戦争英蘭戦争オランダ侵略戦争ファルツ継承戦争などが起こっていて

“平和よ、ヨーロッパは汝を喜ぶ”っていうのは当時の人々の心の叫びだったんだろうなぁ

“トップ”→“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“イギリス”→“ロンドン”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはジョン・ウォーレスとジョン・ミラーのトランペット、ウィリアム・ボートン指揮イギリス弦楽オーケストラの演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

メルマガでご紹介した演奏です。

試聴はこちらで8番をクリック!

ロンドンのレスター・スクウェア今の様子です。
Google Earthが使える人は“Leicester Square London”へ“ジャンプ”すると広場周辺の衛星写真などを見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990754
トラックバック