今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 鳥の渡り(Migration of Birds)   メキシコ湾 | TOP | 風に吹かれて(Blowin' in the Wind)   ボブ・ディラン >>
交響曲第2番 ハ短調“復活”から第1楽章   マーラー

今日はグスタフ・マーラー(1860〜1911)の交響曲第2番 ハ短調“復活”から第1楽章だよ

1897年からウィーン宮廷歌劇場※1の芸術監督の地位にあったマーラーがその職を辞してアメリカ※2に渡る際
※1 現在の名称は国立歌劇場
  “Vienna”へ“ジャンプ”!
※2 “NY US”へ“ジャンプ”!

“さよならコンサート”※で交響曲第2番“復活”が演奏されたんだって
※ 1907年11月24日、マーラー指揮宮廷歌劇場管弦楽団


因みに

今年はマーラーの生誕150周年で来年は没後100周年

オーストリアではいろいろなイベントがあるみたい

来年のゴールデンウィークにはも公開されるね
 

ところで

1963年11月22日はケネディ大統領(1917〜1963)がダラス※で暗殺された日
※ “Dallas TX”へ“ジャンプ”!

翌々日の11月24日にはテレビで追悼演奏会※が放映され
レナード・バーンスタイン(1918〜1990)指揮
  ニューヨーク・フィルハーモニック

曲目はマーラーの“復活”だったんだよ

“トップ”→“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“オーストリア”→“ウィーン”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはレナード・バーンスタイン指揮ロンドン交響楽団の演奏です。
 NAXOSには聞き比べの出来る演奏がたくさんありますのでこちらで作曲者に“Mahler, Gustav”、楽曲タイトルに“Symphony No. 2”と入力して検索してみて下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏です。

ゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団の演奏です。

小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラの演奏です。

エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団の演奏です。

ベルナルト・ハイティンク指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。(試聴できません)

クラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc1の5〜7番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ズービン・メータ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。

デイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の演奏です。

ピエール・ブーレーズ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。

クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。

ギルバート・キャプラン指揮ロンドン交響楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc1の1〜14番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ズデニェク・マーツァル指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。(試聴できません)

オトマール・スイトナー指揮ベルリン国立歌劇場管弦楽団の演奏です。

大野和士指揮ベルギー王立歌劇場管弦楽団の演奏です。

高関健指揮群馬交響楽団の演奏です。(試聴できません)

大統領暗殺現場周辺今の様子です。
 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990749
トラックバック