今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< スイート・パンプキン(Sweet Pumpkin) その2   ロンネル・ブライト | TOP | 11月の日々(Novembertage)   ベンジャミン・シェーファー・トリオ >>
“子供のためのアルバム”から第28曲“思い出”   シューマン

今日はロベルト・シューマン(1810〜1856)の“子供のためのアルバム”から第28曲“思い出”だよ

この曲の楽譜には1847年11月4日という日付が記されていて

これはメンデルスゾーン(1809〜1847)が急死した日


シューマンとメンデルスゾーンが直接出会ったのは1835年の秋のことで

それ以後、メンデルスゾーンが創設した音楽院でシューマンが作曲を教えたり

シューマンが発見したシューベルトの交響曲第8番“ザ・グレート”をメンデルスゾーンが指揮して初演※したりして交流を深めていたので
※ 1839年3月21日、ライプツィヒのゲヴァントハウスにて

メンデルスゾーンの急逝はシューマンにとって辛いものだったようだね


因みに

クララ・ヴィーク※1(1819〜1896)がゲヴァントハウスでデビュー※2した時の指揮者はメンデルスゾーンだったんだよ
※1 1840年9月12日に結婚してシューマン夫人
※2 1835年12月9日


ところで

今年はシューマンの生誕200周年

シューマンが晩年を過ごしたデュッセルドルフ※1でも記念コンサート※2をやってるよ
※1 “Düsseldorf Germany”へ“ジャンプ”!
※2 メインは5月28日から6月14日まで行われたシューマン・
  フェスト


そうそう

デュッセルドルフにはロベルト・シューマン音楽大学クララ・シューマン音楽学校もあるね


PS
オリジナルはピアノ独奏のための曲だけどメルマガではテオドール・W・アドルノ(1903〜1969)による管弦楽版を紹介しておいたよ

“トップ”→“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“ドイツ”→“ベルリン”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはディルク・イェレス指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。
 NAXOSには他に
イェルク・デームスの演奏(カタログ番号290626の28番)
リューバ・エドリナの演奏(カタログ番号CHAN9731の28番)
トビアス・コッホの演奏(カタログ番号GEN10170のDisc1の29番)
ペーター・フランクルの演奏(カタログ番号VOX-ED-5185の75番)
クリストフ・ハンマーの演奏(カタログ番号FCD368395の28番)
フランツ・フォーラバーの演奏(カタログ番号CTH2520の15番)
ノーマン・シェルター の演奏(カタログ番号0093502BCの19番)
リコ・グルダの演奏(カタログ番号8.555711の28番)
バラーシュ・ソコライの演奏(カタログ番号8.550168の5番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

アンジェラ・ブラウンリッジの演奏です。(試聴できません)

ラウラ・アルヴィーニの演奏です。(試聴できません)

デュッセルドルフのマルクト広場今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990741
トラックバック