今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 老少佐の不思議な夢   マイ・ソンステヴォル | TOP | 神秘的なオーロラ(Aurora Borealis Mystica)   アラスカ >>
風変わりな美女   エリック・サティ

今日はエリック・サティ(1866〜1925)の“風変わりな美女”だよ

これは50代半ば(1920年)のサティの作品

各曲についているタイトル(“フランスの月の行進曲”・“大リトルネッロ”・“「目の中の神秘的なキス」のワルツ”・“社交界のカンカン”)もサティらしいね


おまけ

サティの故郷オンフルール※のオート通り沿いにあるサティの生家は“メゾンサティ”っていう博物館になってるよ
※ “Honfleur France”へ“ジャンプ”!

ついでに

同郷の画家ウジェーヌブーダン(1824〜1898)のとオンフルールのパノラマビュー&ビデオを楽しんでいってね

“トップ”→“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“フランス”→“パリ”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはガイ・キャンピオンとマリオ・ヴァションのピアノによる演奏です。
 NAXOSには他にブルーノ・リグットとガブリエル・タッキーノのピアノによる演奏(カタログ番号LVC1009の29〜32番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

アルド・チッコリーニとガブリエル・タッキーノの演奏です。

こちらもチッコリーニ&タッキーノの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで35〜38番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

パスカル・ロジェとジャン=フィリップ・コラールの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで16〜20番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

アンヌ・ケフェレックとカトリーヌ・コラールの演奏です。(試聴できません)

佐渡裕指揮コンセール・ラムルー管弦楽団の演奏です。

ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・カピトール国立管弦楽団の演奏です。(試聴できません)

オート通り今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990719
トラックバック