今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 笛吹きのヴァカンス   ジャック・カステレード | TOP | めでたし、海の星よ(Ave Maris Stella)  シャルパンティエ >>
M. Teresa   パブロ・カルカモ

今日はパブロ・カルカモ※(1951〜)の“M. Teresa”だよ
※ 中央でパン・フルートを持っている人

タイトルが“Teresa”というだけで

マザー・テレサ(1910〜1997)とは関係ないだろうけど

如何にも夏向きで“Cool”に癒される曲でしょ


カルカモは作曲だけじゃなく

ギターやフルート、キーボードなどいろんな楽器を操れるミュージシャン

羨ましいねぇ


ところで

来週の26日はマザー・テレサの100回目の誕生日

マザーが1952年に開設した“死にゆく人の家”があるカルカッタ※では生誕100周年を記念する映画祭開かれるんだって
※ “Kolkata India”へ“ジャンプ”!

ニュースソースはこちら


一方

カトリック連盟※1のマザー生誕100周年を記念してエンパイア・ステート・ビルディング※2をブルーとホワイトにライトアップしてほしいという要請はビルの所有者に断られたみたい
※1 北米最大のカトリック系人権擁護団体
※2 “NY US”へ“ジャンプ”!

ニューヨーク市の広報担当者は26日にはそれぞれの家の窓をライトアップすることでマザーへの想いを表すことを呼びかけている

もっと知りたい人は


そうそう

去年の1月30日、マザーの故郷スコピエ※のマザーが洗礼を受けた教会の跡地にマザーテレサ記念館がオープンしてるよ
“Skopje Macedonia”へ“ジャンプ”!


PS
酷暑が続いてるけど

どんなに暑い日でも白いサリー姿のマザー・テレサの周りにはいつも心地よい風が吹いていたんだろうね

“トップ”→“海外旅行”→“海外航空券”→到着地“東欧/ロシア/中央アジア”・“マケドニア”・“スコピエ”→“検索する”をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはパブロ・カルカモ他の演奏です。
 NAXOSには他に(?)グルーポ・バイアの演奏(カタログ番号EUCD2214の8番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 増刊号の索引はこちら

 メルマガでご紹介したアルバムです。

試聴はこちらでDisc3の18番の“Listen”をクリック!

スコピエのマケドニア広場今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990714
トラックバック
前田綾子の教室いらずの自宅で簡単フルートレッスン
どうしてこうもフルートが上手くならないの? 学生時代に憧れたフルートだけど、や...
| 教えたい | 2010/08/23 7:05 PM |