今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< オペレッタ“愛しのアウグスティン”から“オールド・リフレイン”   クライスラー | TOP | 笛吹きのヴァカンス   ジャック・カステレード >>
パリの8月(August In Paris)   パリ・カルティエ・デテ

今日はリック・マーギッツァ(1961〜)の“パリの8月(August In Paris)”だよ

マーギッツァはアメリカのジャズ・テナーサックス奏者

祖父がチェリスト、父がヴァイオリニストという環境で4歳からヴァイオリンを始め

ピアノやオーボエにも手を広げて、テナーサックスに出会ったのは高校生のとき

マイルズ・デイヴィスとも演奏してるんだって

試聴はこちら

試聴はこちら


そうそう

サクソフォン協奏曲や交響曲も作曲してるらしいよ


ところで

8月のパリ※はバカンス・シーズンで劇場やお店は閉まっているところが多く、ちょっと残念な状態
※ “Paris”へ“ジャンプ”!

そこで

この時期のパリを文化的に盛り上げようと1990年から始まったのがパリカルティエデテ
今年は7月14日から8月15日まで

世界中からいろんな分野のアーティストがやってきて市内のあちこちでパフォーマンスを繰り広げるんだ


そういえば

ラ・ヴィレット公園野外映画祭※も今年で20周年
※ 7月17日から8月22日まで、暗くなったら開演

さらに

セーヌ川沿いにオープンする“Paris Plage(パリプラージュパリビーチ)”※は9年目
※ 7月20から8月20日

“トップ”→“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“フランス”→“パリ”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはリック・マーギッツァのサクソフォン、ジェフ・ガードナーのピアノ、ラース・ダニエルソンのベース、ジョン・ヴィダコビッチのドラムスによる演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 増刊号の索引はこちら

 メルマガでご紹介したアルバムです。

試聴はこちらで2番をクリック!

パリのバスティーユ広場今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990711
トラックバック