今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< バビロン川のほとりに   ヨハン・アダム・ラインケン | TOP | “12の合奏協奏曲”から第8番 ヘ長調“威厳ある戴冠式(Coronatio Augusta)”   ゲオルク・ムッファット >>
ブルー・バッハ(Blue Bach)   アンスバッハ

今日はヨハン・セバスティアンバッハ※(1685〜1750)作曲、ウリ・レターマン(1967〜)編曲の“ブルー・バッハ(Blue Bach)”だよ
マルティン・ルター広場(アンスバッハ)のバッハの記念碑
  “Ansbach Germany”へ“ジャンプ”!

原曲はマタイ受難曲の「おお,血と傷にまみれし御頭(みかしら)

ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの演奏


カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団の演奏(試聴はこちらで25番をクリック!)

トン・コープマン指揮アムステルダム・バロック管弦楽団・合唱団の演奏(試聴はこちらでDisc3の11番をクリック!)
NMLカタログ番号CC72232のDisc2の33番

ジギスヴァルト・クイケン指揮ラ・プティット・バンドの演奏(「おお、血と…」は試聴できませんが他の収録曲の試聴はこちら)
NMLカタログ番号CC72357のDisc2の25番

鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏(試聴はこちらでDisc2の36番をクリック!)
NMLカタログ番号BIS-CD-1000-02のDisc2の54番

即興の名人バッハもきっと気に入るだろうね


ところで

フレンキシェ・レーツァト川沿いのアンスバッハ※1では7月下旬から8月上旬にかけて隔年(奇数年)でバッハ週間が開催されてるよ
※1 町の紋章

1947年にポンマースフェルデン※のヴァイセンシュタイン城から始まり
※ “Pommersfelden Germany”へ“ジャンプ”!

翌年アンスバッハに会場を移したこの祭典にはカールリヒターイェフディ・メニューインジョン・エリオット・ガーディナートン・コープマンといった著名な演奏家が参加していて

国際的な音楽祭になってるね

来年の今頃は(7月29日〜8月7日)世界中からのお客さんでアンスバッハは賑(にぎ)わってるだろうなぁ

そうそう

チケットは早めに予約したほうがいいよ


因みに

大バッハはアンスバッハを一度も訪れたことがなく

彼の地とバッハの間に直接の関係はないんだけど

ケーテン時代の傑作“無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ”の作曲に影響を与えたヨハン・ゲオルク・ピゼンデル※(1687〜1755)の音楽に関するキャリアは9歳のときにアンスバッハの宮廷礼拝堂聖歌隊に入ったところから始まっているんだよ
※ 彼のために作曲されたという説も有力

メニューインの演奏(試聴はこちら)

“トップ”→“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“ドイツ”→“ミュンヘン”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはクインテセンス・サクソフォン五重奏団の演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 増刊号の索引はこちら

 メルマガでご紹介したアルバムです。

試聴はこちらで8番をクリック!

アンスバッハのウツ通り今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990708
トラックバック