今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 風と共に去りぬ(Gone with the Wind)   マーガレット・ミッチェル | TOP | 狩りの交響曲     レオポルト・モーツァルト >>
弦楽四重奏曲 第49番“蛙”から第4楽章   ハイドン

今日はフランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732〜1809)の弦楽四重奏曲 第49番“蛙”から第4楽章だよ

基本的に楽譜が出版された順番に番号を付けるオーパス(Op.
作品番号)で50という番号を与えられているハイドンの作品は

1787年に作曲され、プロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム2世(1744〜1797)に献呈されたことから“プロシア四重奏曲”と呼ばれる曲集

そして

6曲からなるこの曲集の6番目

つまり作品50の6(Op.50 No.6)と整理されているのが今日の作品

因みに

この曲はハイドンの作品をジャンル別に整理したホーボーケン番号(Hob.)ではHob.  49※という番号で整理されてるよ
※ 49番目の弦楽四重奏曲()


ところで

この曲の“蛙”という呼び名は第4楽章を聞いてもらえば明白

蛙の鳴き声みたいなフレーズが出てくるでしょ

ここで使われているのは開放弦※とそうでない隣の弦を交互に弾くバリオラージュ(Bariolage)という奏法
※ 指で押さえない弦

特に“蛙”では同じ音をバリオラージュで弾くユニゾン・バリオラージュ※を用いることで蛙の声が巧みに表現されてるね
※ 上から4番目
  “0”はE線の開放弦、“4”はA線を4番の指(小指)で
  押さえて弾くように、という指示

波打つような弓の運び※が視覚的にも Cool !
※ 第1ヴァイオリンに注目!


PS
先日紹介したサイキック蛸のパオル君、対アルゼンチン戦でも見事ドイツの勝利を予言してたね

で、今度(7月8日)の対スペイン戦だけど

なんとスペインの勝利を予言しちゃったよ

危うしドイツ!


続報

パオル君がスペインの勝利を予言したって話

ガセネタなんだって

本物のパオル君の御託宣が下るのは火曜日(現地時間)

騙されちゃったよぉ

というより

初めのニュースをちゃんと読まなかった隊長の早合点


さらに続報

ついに御託宣下る!!

危うしドイツ!!!


ところで

俄(にわ)かに注目されるようになったパオル君については

海に返してあげよう

っていう声もあるんだって

“トップ”→“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“オーストリア”→“ウィーン”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはコダーイ弦楽四重奏団の演奏です。
 NAXOSには他に
タートライ四重奏団の演奏(カタログ番号HCD11934-35のDisc2の12番)
アマティ四重奏団の演奏(カタログ番号CDX-29203の12番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

ジュリアード四重奏団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで8番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

リンゼイ四重奏団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで12番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ノモス四重奏団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc2の12番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

プロ・アルテ四重奏団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc2の16番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

エンジェルス弦楽四重奏団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで172番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

エオリアン弦楽四重奏団の演奏です。(試聴できません)

 1797年から亡くなるまでハイドンが暮らしたウィーンの住居ハイドン・ハウスという博物館になっています。
 Google Earthが使える人は“Vienna”へ“ジャンプ”するとウィーンの衛星写真と街の写真が見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990699
トラックバック