今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “シェルブールの雨傘(Les Parapluies de Cherbourg)”から“Je ne pourrai jamais vivre sans toi(あなたなしには生きられない)”   ミシェル・ルグラン&ジャック・ドゥミ | TOP | カンタータ第62番「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」から第4曲「 戦え、勝利せよ、強い勇士よ!」   バッハ >>
パラグアイ舞曲   アグスティン・バリオス

今日はアグスティン・バリオス(1885〜1944)の“パラグアイ舞曲”だよ

バリオスは故国のパラグアイでは著名なギタリスト兼作曲家

一般にパラグアイ南部のミシオネス州のサン・ファン・バウティスタ※出身だと思われていたんだけど
※ “San Juan Bautista Paraguay”へ“ジャンプ”!

そこより約30Km北のヴィジャ・フロリダで生まれたという有力な話もあるよ
※ “Villa Florida Paraguay”へ“ジャンプ”!

で、バリオスは15歳の時、音楽の分野で奨学金をもらって首都アスンシオン※の国立アスンシオン大学にパラグアイ史上最年少で入学(1901年)
※ “Asunción Paraguay”へ“ジャンプ”!

大学では音楽のほかに数学やジャーナリズム、文学の方面でも才能を認められたんだって


ところで

明日はいよいよ日本vsパラグアイ戦

パラグアイのタタ監督によると唯一の懸念材料はニュージーランド戦でのネルソン・ヴァルデス選手の故障らしいね

ニュースソースはこちら

ガンバレ、ニッポン!

人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのは加藤政幸の演奏です。
 NAXOSには他に
ディエゴ・ブランコの演奏(カタログ番号BIS-CD-133の9番)
ダヴィット・ローレンツの演奏(カタログ番号C10746の15番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

鈴木大介の演奏です。(試聴できません)

デヴィッド・ラッセルの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで3番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ヴァルター・ファイブリの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで20番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

マヌエル・バルエコの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで3番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

アリリオ・ディアスの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc2の17番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

こちらもディアスの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで12番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

エドゥアルド・フェルナンデスの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで3番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

こちらもフェルナンデスの演奏です。(試聴できません)

ベルタ・ロハスの演奏です。(“パラグアイ舞曲は試聴できませんが他の収録曲を”こちらで試聴できます)

Kristinn Arnasonの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで8番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

イヴ・ストルムズの演奏です。(試聴できません)

パラグアイのビデオです。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990696
トラックバック