今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< スコットランドの釣鐘草   マウロ・ジュリアーニ | TOP | コントルダンス ニ長調“雷雨”   モーツァルト >>
ブルー・モンク(Blue Monk)   セロニアス・モンク

今日はセロニアス・モンク(1917〜1982)の“ブルー・モンク(Blue Monk)”だよ

“Pastel Blue”※を基に作られたこの曲はモンクの代表作のうちのひとつで
※ 試聴はこちらで9番をクリック!
  
  NAXOSではカタログ番号8.120802の11番

1957年にリリースされたアルバム“セロニアス・モンク・トリオ”※の最初に収録されていたんだ
※ 試聴はこちらで1番をクリック!
 

ジャズのスタンダード・ナンバーだね


ところで

メキシコ湾※の石油掘削施設の(4月20日)により原油の流出が始まってもうすぐ2ヶ月
※ “Gulf of Mexico”へ“ジャンプ”!

いまだ流出止まらず、あと数ヶ月原油は垂れ流され続けるらしいよ

ミシシッピ川の流れを変えてルイジアナ州沿岸への原油の漂着を食い止める計画も単なる弥縫策にすぎず

メキシコ湾が元の“ブルー”を取り戻すのはいつのことやら…

“トップ”→“海外旅行”→地図中“アメリカ・メキシコ・カナダ”→“アメリカ・アラスカ”→“ニューオリンズ(ルイジアナ)”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはセロニアス・モンク他の演奏です。
 NAXOSには他に
セロニアス・モンク他の演奏(カタログ番号BM31.4037の7番)
高橋アキのピアノとデヴィッド・マーレイのテナー・サクソフォンの演奏(カタログ番号YEB-7039-2の1番)
ピア・オルビーのヴォーカル他の演奏(カタログ番号SITCD9280の1番)
ベニー・ウォレスのテナー・サクソフォン他の演奏(カタログ番号YEB-9127-2の3番)
クラーク・テリーのトランペットとモンティ・アレクサンダーのピアノによる演奏(カタログ番号JD-198の10番)
エンリコ・ピエラヌンツィのピアノとマーク・ジョンソンのベースによる演奏(カタログ番号CHR70131の11番)
フラジ・スタニクのピアノ他の演奏(カタログ番号DBCHR75020の4・12番)
クリスティン・コリアのヴォーカルとラン・ブレイクのピアノによる演奏(カタログ番号CD-4807の6番)
ボリス・ヴァンダーレクのテナー・サクソフォン他の演奏(カタログ番号AL73248の5番)
アラン・トゥルーデル・アンサンブルの演奏(カタログ番号86021-2の4番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 増刊号の索引はこちら

 NAXOS以外では

セロニアス・モンク他の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで4番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ジュニア・マンスのピアノとリチャード・デイビスのベースによる演奏です。

エリック・リード・トリオの演奏です。

ダニエル・コランのアコーディオン他の演奏です。

アート・ファーマー・クインテットの演奏です。

アート・ブレイキー他の演奏です。(試聴できません)

エディ・ダニエルズ他の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで21番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

原油流出現場の今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990692
トラックバック