今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 真珠の首飾り(A String of Pearls)   グレン・ミラー | TOP | スコットランドの釣鐘草   マウロ・ジュリアーニ >>
ワルツ“美しく青きドナウ”   ヨハン・シュトラウス2世

今日はヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)のワルツ“美しく青きドナウ”だよ

オーストリア第二の国歌とも言われウィーンフィルニューイヤー・コンサートでもお馴染みのこの曲は1867年の作品で

当時のウィーン※は普墺戦争に敗れ、全てが自粛モード
※ “Vienna”へ“ジャンプ”!

そんな中でシュトラウス2世が国を想いながら作曲したのが“美しく青きドナウ(An der schonen, blauen Donau)”なんだ

タイトルは作曲者自身がハンガリーの詩人カール・イシュドル・ベック(1817〜1879)の詩の一節※からつけたらしいね
※ Und ich sah Dich reich an Schmerzen
  僕の目に映る君は憂いに満ちている
  Und ich sah Dich jung und hold
  僕の目に映る君は若く、愛らしい
  Wo die Treue wächst im Herzen
  心に誠実さが呼び覚まされるところ
  Wie im Schacht das edle Gold,
  高貴な黄金のように土深く
  An der Donau,
  ドナウのほとりに
  An der schönen, blauen Donau
  美しく青きドナウのほとりに


そして

この“美しく青きドナウ”はシュトラウス2世初の合唱付きワルツで

1867年2月15日、ディアナ
ザールで初演されたときにはウィーン市民を元気付けるようなヨーゼフ・ヴァイルの歌詞※1がウィーン男声合唱団※2によって歌われたんだ
※1 B(バス)、T(テノール)
  B: Wiener, seid froh ...
    ウィーンっ子よ、元気出せよ
  T: Oho, wieso?
   え、どうして?
  B: No-so bli-ickt nur um -
   見回してごらん
  T: I bitt, warum?
   だからどうして?
  B: Ein Schimmer des Lichts ...
   かすかに光がさしてきたよ
  T: Wir seh'n noch nichts!
   まだ何も見えないよ
  B: Ei, Fasching ist da!
   ほら、もうすぐ謝肉祭じゃないか
  T: Ach so, na ja!
   ああ、そうだった
  B: Drum trotzet der Zeit ...
   だから“このご時世”なんていってないで
  T: (kläglich): O Gott, die Zeit ...
   (みじめそうに)おお、このご時世
  B: Der Trübseligkeit.
   陰気だね
  T: Ah! Das wär' g'scheit!
   ああ、気にしないことだ
   Was nutzt das Bedauern,das Trauern,
   クヨクヨしたり悲しんだところで何になる  
   Drum froh und lustig seid!
   楽しく陽気にやろう!

   ヴァイルの歌詞による演奏
   
   試聴はこちらで15番をクリック!
   (NAXOSカタログ番号8.223279の15番)
※2 1843年設立
  ついでに演奏も聴いていってね

タイトルとはかけ離れた歌詞だけどシュトラウス2世にとって重要なのは音楽で歌詞の内容には気を使わなかったみたい

で、この歌詞で演奏されたことは数えるほどしかなく

1889年に今では一般的になっているフランツ・フォン・ゲルネルト(1821〜1900)の歌詞※が作られたんだよ
※ 作詞者が Josef Weyl になっているのは間違い
  この歌詞による初演は1890年7月2日

“トップ”→“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“オーストリア”→“ウィーン”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはオトマール・スイトナー指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏です。
 NAXOSには他に
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏(カタログ番号9.80049の6番)
レオポルド・ストコフスキー指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏(カタログ番号CD-1173のDisc4の7番)
ヤーノシュ・フェレンチク指揮ハンガリー国立管弦楽団の演奏(カタログ番号HCD19446の7番)
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団の演奏(カタログ番号IDIS284-85のDisc2の1番)
クレメンス・クラウス指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏(カタログ番号232577のDisc4の10番)
ヤーノシュ・フェレンチク指揮ハンガリー国立管弦楽団の演奏(カタログ番号HCD12600の1番)
ヤコフ・クライツベルク指揮ウィーン交響楽団の演奏(カタログ番号PTC5186052の5番)
トマス・ダウスゴー指揮スウェーデン室内管弦楽団の演奏(カタログ番号8.557217の12番)
ヤーノシュ・シャンドール指揮ジュール・フィルハーモニー管弦楽団の演奏(カタログ番号HRC1042の1番)
ヨーゼフ・フランチェク指揮ウィーン・シュトラウス・オーケストラの演奏(カタログ番号C49033の9番)
ミラン・ウェーバー指揮インターナショナル祝祭管弦楽団の演奏(カタログ番号7043の1番)
ゲルハルト・マルクソン指揮アイルランド国立交響楽団の演奏(カタログ番号8.554482-83のDisc2の10番)
オンドレイ・レナールト指揮シュトラウス・フェスティバル・オーケストラの演奏(カタログ番号8.550554のDisc2の5番)
オンドレイ・レナールト指揮スロヴァキア放送交響楽団の演奏(カタログ番号8.550337の1番)
ヨハネス・ヴィルトナー指揮スロヴァキア国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏(カタログ番号8.223233の7番)
カール・ミヒャルスキ指揮ウィーン・フォルクスオパー管弦楽団の演奏(カタログ番号BM31.2049の5番)
ペーター・ファルク指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団の演奏(カタログ番号BM31.2055の9番)
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団の演奏(カタログ番号CD-95の9番)
ペーター・グート指揮リンツ・ブルックナー管弦楽団の演奏(カタログ番号SACD255の14番)
マリア・イヴォーギュンのソプラノ、レオ・ブレッヒ指揮ベルリン国立歌劇場管弦楽団の演奏(カタログ番号NI7832の17番)
ヨハネス・ヴィルトナー指揮スロヴァキア放送交響楽団、ウィーン男声合唱団の演奏(カタログ番号8.223250の1番)
ジュローム・コーエン指揮スロヴァキア放送交響楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団の演奏(カタログ番号8.223279の15番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。

カラヤン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc1の1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ヨゼフ・クリップス指揮ウィーンフィルの演奏です

ウィリー・ボスコフスキー指揮ウィーンフィルの演奏です。

こちらもボスコフスキー・ウィーンフィルの演奏です。

もうひとつボスコフスキー・ウィーンフィルの演奏です。

カルロス・クライバー指揮ウィーンフィルの演奏です。

こちらもクライバー・ウィーンフィルの演奏です。

ロリン・マゼール指揮ウィーンフィルの演奏です。

リッカルド・ムーティ指揮ウィーンフィルの演奏です。

こちらもムーティ・ウィーンフィルの演奏です。

ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーンフィルの演奏です。

ズビン・メータ指揮ウィーンフィルの演奏です。

クラウディオ・アバド指揮ウィーンフィルの演奏です。

小澤征爾指揮ウィーンフィルの演奏です。

マリス・ヤンソンス指揮ウィーンフィルの演奏です。

ジョージ・セル指揮クリーブランド管弦楽団の演奏です。

アーノンクール指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏です。

朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏です。

ウィーン各地の今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990690
トラックバック