今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 12の幻想曲“12ヶ月”から第6曲“6月”   クリストファー・シンプソン | TOP | 演奏会用ワルツ“愛の真珠”   ヨーゼフ・シュトラウス >>
6月の夜(June Night)   クリフ・フレンド

今日はクリフ・フレンド(1893〜1974)、アベル・ベア(1893〜1976)の“6月の夜(June Night)”だよ

クリフとアベルは1920年代のティンパンアレー※で活躍していたソングライターで
※ “NY US”へ“ジャンプ”!

アベルが1929年にハリウッッドに活動の拠点を移したのに対して

クリフは1930年代もティン・パン・アレーで創作活動を続けていたんだって


全然関係ないけど

アメリカのテキサス州では公立高校で使われる社会科教科書の内容が大きく変わるみたいだよ

キリスト教の影響の強化、政教分離原則に関する記述の希薄化

非アングロサクソン系人種問題の扱いの大幅カットなど

州教育委員会の示した新基準は超保守的

さすが“ダブリャー”のお膝元だけのことはあるね


そして

さらに問題なのはテキサスでは州教育委員会の決定で教科書が一括採用されるので

出版社は全米有数の教科書購入数を左右するテキサス州教育委員会の意向を無視できず

結果としてその影響が全国に及んでしまうこと

アメリカはどこへ行っちゃうんだろうねぇ

ニュースソースはこちら

PS
こちらも見てね

“トップ”→“海外旅行”→地図中“アメリカ・メキシコ・カナダ”→“アメリカ・アラスカ”→“ニューヨーク(ニューヨーク)”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはスピーグル・ウィルコックスのトロンボーン他の演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 増刊号の索引はこちら

 NAXOS以外では

マントヴァーニ・オーケストラの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで16番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

テキサス州最大の都市ヒューストンの自然科学博物館今の様子です。
Google Earthが使える人は“Houston TX US”へ“ジャンプ”するとヒューストンの衛星写真と街の写真が見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990686
トラックバック