今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “スパルタクス組曲第2番”から“海賊の踊り”   ハチャトゥリアン | TOP | ヴァイキング(Viking)   フレデリック・ノードストローム >>
“合奏協奏曲 ロ短調”から第3楽章“アリア”   ヘンデル

今日はゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1903〜1978)の“合奏協奏曲 ロ短調”から第3楽章“アリア”だよ

この曲は“パイレーツ・オブ・カリビアン”の初めのほうでノリントンが司令官に就任したことを祝う宴会の場面※で演奏されてたでしょ
※ 3分7秒頃


この場面の舞台になっているのはジャマイカのポート・ロイヤル

ジャック・スパローはここで縛り首になりそうになるんだけど

1655年にポート・ロイヤルを占領※したイギリスは1687年に海賊を取り締まる法律を制定するまで海賊のスポンサーになってスペインやフランスの船を襲わせていたんだって
※ ジャマイカを発見(1494年)したのはクリストファー・
  コロンブス
(1451〜1506)
  それから約150年間はスペインがジャマイカを支配

その後1692年の大地震で町の一部が※1水没して多くの住民がキングストン※2へ移り、ポート・ロイヤルは衰退していったようだね
※1 上から3番目の画像
※2 “Kingston Jamaica”へ“ジャンプ”!


ところで

合奏協奏曲 ロ短調(作品6の12)が作曲されたのは1739年の10月で楽譜が出版されたのは1740年

この曲がポート・ロイヤルで演奏されたことはないだろうなぁ

人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはアイオナ・ブラウン指揮アカデミー室内管弦楽団の演奏です。
 NAXOSには他に
マルタン・ジェステル指揮アルテ・デイ・スオナトーリの演奏(カタログ番号BIS-SACD-1705-06のDisc3の7番)
ボイド・ニール指揮ボイド・ニール弦楽合奏団の演奏(カタログ番号9.80594-96のDisc3の2番)
ポール・ダイアー指揮オーストラリア・ブランデンブルク管弦楽団の演奏(カタログ番号ABC4763436のDisc1の3番)
サイモン・スタンデイジ指揮コレギウム・ムジクム 90の演奏(カタログ番号CHAN0622の14番)
ヨーゼフ・バージン指揮スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の演奏(カタログ番号BM31.2008の20番)
ヨーゼフ・コペルマン指揮カペラ・イストロポリターナの演奏(カタログ番号8.552109-10のDisc1の5番)
ケヴィン・ボウヤーのオルガンによる演奏(カタログ番号NI7712の6番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

イタリア合奏団の演奏です。(Disc3の20番をクリック!)

カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団の演奏です。(試聴できません)

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン交響楽団の演奏です。(試聴できません)

アンドルー・マンゼ指揮エンシェント室内管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc2の29番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ジョヴァンニ・アントニーニ指揮イル・ジャルディーノ・アルモニコ(Disc3の14番をクリック!)

イェフディ・メニューイン指揮バッハ祝祭管弦楽団の演奏です。(試聴できません)

こちらもメニューイン・バッハ祝祭管の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc1の8番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

オルフェウス室内管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc3の19番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

こちらもオルフェウス室内管の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc3の3番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

トレヴァー・ピノック指揮イングリッシュ・コンソートの演奏です。(試聴できません)

ユーリ・トゥロフスキー指揮イ・ムジチ・ドゥ・モントリオールの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc3の20番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

アドルフ・ブッシュ指揮バッハ・チェンバー・プレイヤーズの演奏です。(試聴できません)

ハンス・ツァノテッリ指揮北ドイツフィルハーモニー管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで20番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ジョージ・マルコム指揮ノーザンシンフォニア・オブ・ロンドンの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで20番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団の演奏です。(試聴できません)

イ・ムジチ合奏団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc3の20番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

エミール・クライン指揮ハンブルク管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで20番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc4の19番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

エルネスト・アンセルメ指揮デッカ弦楽合奏団の演奏です。(“アリア”は試聴できませんが他の収録曲をこちらで試聴できます)

ジャンク=ロード・マルゴワール指揮 ラ・グランド・エキュリ・エ・ラ・シャンブル・デュ・ロワ(王室大厩舎・王宮付楽団)の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc3の8番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

キングストン今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990679
トラックバック