今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 博覧会スウィング(Exposition Swing)   デューク・エリントン | TOP | “合奏協奏曲 ロ短調”から第3楽章“アリア”   ヘンデル >>
“スパルタクス組曲第2番”から“海賊の踊り”   ハチャトゥリアン

今日はアラム・ハチャトゥリアン(1903〜1978)の“スパルタクス組曲第2番”から“海賊の踊り”だよ

ハチャトゥリアンは古代ローマに対する反乱(第三次奴隷戦争)の中心人物スパルタクス※を主人公にしたバレエ“スパルタクス”のための音楽を作曲(1954)し、これを基に組曲も制作(1955)
ルーブル美術館のスパルタクス像
  “Louvre Paris”へ“ジャンプ”!

バレエが1956年にキーロフ劇場(現;マリインスキー劇場)で初演された時はそれほど評判にならなかったんだって

でも

今ではハチャトゥリアンの代表作として各国のメジャーなバレエ団にとって重要なレパートリーになってるね


ところで

ハチャトゥリアンが生まれたのはグルジアのトビリシ※なんだけど彼自身はアルメニア人
※ “Tbilisi Geogia”へ“ジャンプ”!

アルメニアの首都エレバン※の歌劇場前にはハチャトゥリアン像があるよ
※ “Yerevan Armenia”へ“ジャンプ”!

そして

エレバンからは“ノアの方舟”が漂着した※とされるアララト山が見えるね
創世記(“Chapter”に“8”と入力し“Go to Scripture”を
  クリックして上から5〜8行)

そう言えば

先月末、中国とトルコの探検家チームが方舟の一部を発見したっていうニュースがあったけど

どうも眉唾らしいよ

人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはアンドレイ・アニハーノフ指揮サンクトペテルブルク交響楽団の演奏です。
 NAXOSには他に
アレクサンドル・ヴェデルニコフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団の演奏(カタログ番号PTC5186032の9番)
ネーメ・ヤルヴィ指揮ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団の演奏(カタログ番号CHAN8927の9番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

ロリス・チェクナヴォリアン指揮アルメニア・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで9番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

エレバンから見たアララト山今の様子です。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990678
トラックバック