今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 緑の道(Green Ways)   ジョン・アイアランド | TOP | 博覧会の思い出   フェデリコ・モンポウ >>
フィラデルフィア万国博覧会   スーザ

今日はジョン・フィリップ・スーザ(1854〜1932)の“フィラデルフィア万国博覧会”だよ

この曲の原題は“Sesqui-Centennial Exposition”※で
※ Sesqi=1.5、Centennialは100周年

アメリカ独立宣言150周年を記念して1926年にフィラデルフィア※で開催された国際博覧会のための作品
※ “Philadelphia PA US”へ“ジャンプ”!

曲の中で聞こえる鐘の音は1776年7月8日にアメリカ独立宣言※1が朗読されるペンシルベニア州議事堂※2の広場にフィラデルフィア市民を集めるために鳴らされた“自由の鐘(Liberty Bell)”※3を表現してるんだって
※1 左の画像はアメリカ議会図書館が所有する“Dunlap
  broadside”(あえて日本語にするなら“ダンラップ広
  報”みたいな感じ) 
  1776年7月4日、ペンシルベニア州議事堂の集会室
  作成されたトーマス・ジェファーソン(1743〜1826)
  手書きの独立宣言の草稿(上から3番目の画像)は、その
  日の夜に議事堂から少し離れたジョン・ダンラップ
  
(1747〜1812)の印刷所で約200部印刷され、完成した
  のが“Dunlap broadside(ダンラップ・ブロードサイド)”
  と呼ばれる歴史的印刷物
  存在が確認されているコピーは27部で、2000年6月に
  サザビーズに出品された際には814万ドルの値がついた
  
というお宝中のお宝
  因みに
  こちらはダンラップが毎週月曜日に発行していた新聞
  “ペンシルベニア・パケット”(1776年7月8日付)に掲載
  された独立宣言
※2 現在は独立記念館
  朗読者はジョン・ニクソン(1733〜1808)
※3 当時は議事堂の尖塔に掛けられていたけど
  現在はリバティベルセンターに展示されてるよ
  正確に作られたレプリカの音色も聞いていってね


そうそう

フィラデルフィア万博の会場には巨大な“自由の鐘”のレプリカが登場し

“自由の鐘”をデザインした記念切手も発行されたんだよ

“トップ”→“海外旅行”→地図中“アメリカ・メキシコ・カナダ”→“アメリカ・アラスカ”→“フィラデルフィア(ペンシルベニア)”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはキース・ブライオン指揮ロイヤル・アーティレリー・バンドの演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 メルマガでご紹介したアルバムです。

試聴はこちらで2番をクリック!

フィラデルフィアのパノラマビューです。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990675
トラックバック