今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< ゴールデン・イヤーズ(The Golden Years)&プリンク、プレンク、プランク!(Plink,Plank,Plunk !)   ルロイ・アンダーソン | TOP | フィラデルフィア万国博覧会   スーザ >>
緑の道(Green Ways)   ジョン・アイアランド

今日はジョン・アイアランド(1879〜1962)の“緑の道(Green Ways)”だよ

“Green Ways”は1937年に出版された曲集

但し

第1曲の“The Cherry Tree”は1932年に出版された“Indian Summer”のタイトルだけ付け替えた作品なんだって


それと

この曲集の各曲の冒頭には詩の一節が引用されていて

第1曲の冒頭にはA.E.ハウスマン(1859〜1936)の“いとうるわしい木”から

And since to look at things in bloom
そして花の盛りを見るには
Fifty springs are little room,
50の春は少なすぎる※
About the woodlands I will go
だから私は森へ行く 
To see the cherry hung with snow.
雪の中の桜を見に
※ 「人生70年として今二十歳、あと50回しか春を経験
  できないなぁ」ってこと


第2曲の冒頭にはシェイクスピアの“来たれ、死よ”から

Come away, come away, death,
And in sad cypress let me be laid.


第3曲の冒頭にはトマス・ナッシュ(1567〜1601?)の“”から

The Palm and May
棕櫚とサンザシは
make country houses gay.
田舎の家々を陽気にする


が、それぞれ引用されてるよ

“トップ”→“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“イギリス”→“マンチェスター”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはジョン・レナハンのピアノによる演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

エリック・パーキンの演奏です。(試聴できません)

アイアランドの故郷ボウドンの隣のマンチェスター今の様子です。
Google Earthが使える人は“Manchester UK”へ“ジャンプ”するとマンチェスターの衛星写真と街の写真が見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990670
トラックバック