今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 主よ哀れみ賜え   ヒルデガルト・フォン・ビンゲン | TOP | ボーイ・ミーツ・ホーン(Boy Meets Horn)   デューク・エリントン >>
いたずら小鬼の踊り   アンリエット・ルニエ

今日はアンリエット・ルニエ(1875〜1956)の“いたずら小鬼の踊り”だよ

ルニエは11歳の時パリ音楽院でハープ演奏の一等賞を獲得した天才
“Paris France”へ“ジャンプ”!

“いたずら小鬼…”は1911年の作品で

演奏中に300回以上ペダル操作をしなければならないという超絶技巧を要求される曲なんだ

つまり

一見優雅に演奏しているように見えてもドレスに隠れた足はバタバタってわけ

ハープの演奏が湖面を滑る白鳥の姿に喩えられる由縁だね


因みに

ルニエはハープに人生を捧げるため生涯独身を貫いたんだよ


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

  メルマガでご紹介したのはジュディ・ロマンの演奏です。
 NAXOSには他にスーザン・マクドナルドの演奏(カタログ番号KCD-11133の9番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

グザヴィエ・ドゥ・メストレの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで2番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

吉野直子の演奏です。(試聴できません)

 十代のルニエが家族と夏を過ごしたエトルタの動画です。
 Google Earthが使える人は“Étretat France”へ“ジャンプ”するとエトルタの衛星写真などが見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990628
トラックバック