今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< タイガー・ラグ(Tiger Rag)   寅年 | TOP | マンボ No.5(Mambo No.5)   ペレス・プラード >>
交響曲第5番 変ロ長調から第1楽章   プロコフィエフ


今日はセルゲイ・プロコフィエフ(1891〜1953)の交響曲第5番 変ロ長調から第1楽章だよ

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツは独ソ不可侵条約(1939年8月24日)を一方的に破棄してソ連に侵攻(1941年6月22日)※
バルバロッサ作戦

プロコフィエフの内に湧き上がった愛国心をモチベーションに作られた(1944年)のが交響曲第5番なんだって

初演は作曲者自身の指揮により1945年1月13日、モスクワ音楽院※の大ホールで行われてるよ
※ “Moscow”へ“ジャンプ”!

因みに

この年の4月30日、アドルフ・ヒトラーはベルリン※の総統地下で自殺してるね
※ “Berlin”へ“ジャンプ”!


ところで

以前、オリオン座のベテルギウスのことについて触れたけど

こちら
は大量のガスを放出したことにより表面がデコボコしてきたベテルギウスの写真

超新星爆発を起こすと昼間でも見える明るさになるらしいよ

でも

仮に爆発が明日見えるとしてもベテルギウスは約640光年の彼方にあるので

南北朝時代辺りで起こった爆発の光がやっと地球に届いてることになるんだねぇ


そう考えると世界大戦でさえちっぽけなことに思えてくるなぁ


ついでに

ハッブルが捉えた130億年前※の銀河も見ていってね
ビッグバンから6〜8億年後


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはマリス・ヤンソンス指揮レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。
 NAXOSには他に
ジャン・マルティノン指揮フランス国立放送管弦楽団の演奏(カタログ番号CDX-5001のDisc1の5番)
ネーメ・ヤルヴィ指揮ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団の演奏(カタログ番号CHAN8450の1番)
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮コロンヌ管弦楽団の演奏(カタログ番号VOX2-7810のDisc1の5番)
ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団の演奏(カタログ番号PTC5186083の1番)
ドミトリー・キタエンコ指揮ケルン・グルゼニッヒ管弦楽団の演奏(カタログ番号Phoenix135のDisc4の1番)
テオドレ・クチャル指揮の演奏(カタログ番号8.554058の5番)
スティーヴン・ガンゼンハウザー指揮スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の演奏(カタログ番号8.550237の5番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

こちらもムラヴィンスキー・レニングラードフィルの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで5番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏です。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで5番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

小澤征爾指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。

ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏です。

ジョージ・セル指揮クリーブランド管弦楽団の演奏です。

ムスティスラフ・ロストロポービチ指揮ワシントン・ナショナル交響楽団の演奏です(試聴できません)

ロストロポービチ指揮フランス国立管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで5番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ロリン・マゼール指揮クリーブランド管弦楽団の演奏です。

ユーリ・テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団の演奏です。

こちらもテミルカーノフ・サンクトペテルブルクフィルの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで10番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

キリル・コンドラシン指揮NHK交響楽団の演奏です。(試聴できません)

クラウス・テンシュテット指揮バイエルン放送交響楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ワレリー・ゲルギエフ指揮ロンドン交響楽団の演奏です。

エーリッヒ・ラインスドルフ指揮ボストン交響楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ワルター・ウェラー指揮ロンドン交響楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc1の6番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ジェームズ・レヴァイン指揮シカゴ交響楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで5番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

ベルリンのウンター・デン・リンデン今の様子※です。
※ 画面中央にかすかに見えるのはブランデンブルク門


 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990620
トラックバック