今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< ハロー・ドリー!(Hello, Dolly !) その2   ルイ・アームストロング | TOP | “ヨハネ受難曲”から第1部第1曲 合唱「主よ、我らをお治めになる主よ、あなたの栄光は」   バッハ >>
“アポカリプス(Apocalypse)”から第1楽章“インプロペリア”   ジャン・カルロ・メノッティ

今日はジャン・カルロ・メノッティ(1911〜2007)の“アポカリプス(Apocalypse)”から第1楽章“インプロペリア”だよ

アポカリプス(黙示)を記述した黙示録というと新約聖書の末尾に置かれ世界の終焉を予言しているとも解釈されるヨハネの黙示録ペテロの黙示録の他にもいろいろあるけど

インプロペリアがカトリックの教会で聖金曜日に行われる典礼で歌われる聖歌で

儀式では通常ヨハネの福音書のキリストの受難の部分が朗読されることからすると

メノッティが念頭に置いていたのはヨハネの黙示?


ところで

マヤ暦が2012年12月21日で終わっていることなどから

この日が最後の審判の日になるっていう話があるね

これを発展させたのが今週の土曜日から公開される2012

エメリッヒ監督(1955〜)はどんな風に世界を滅ぼしてくれるんでしょうねぇ


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはリチャード・ヒコックス指揮スポレート祝祭管弦楽団の演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらで画面のお掃除でもしていって下さい。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず) 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。 作曲家別検索はこちら

 メルマガでご紹介したアルバムです。

試聴はこちらで1番をクリック!

 ヨハネが神の言葉を聞いたといわれるパトモス島の洞窟パノラマビュー動画です。
 Google Earthが使える人は“Patmos Greece”へ“ジャンプ”するとパトモス島の衛星写真などが見られます。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990601
トラックバック