今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 加速度円舞曲(ワルツ“加速度”)   ヨハン・シュトラウス2世 | TOP | いそしぎ(The Sandpiper;The Shadow of Your Smile)   エリザベス・テイラー >>
“12のスペイン舞曲”から第6番“ロンダーリャ・アラゴネーサ(orホタ)”   グラナドス


今日はエンリケ・グラナドス(1867〜1916)の“12のスペイン舞曲”から第6番“ロンダーリャ・アラゴネーサ(orホタ)”だよ

この曲には“Allegretto poco a poco accelerando”っていう速度指定がされていて

少しずつ(poco a poco)加速(accelerando)する感じをじっくり楽しみたいなら10弦ギターのミオリンの演奏※がオススメ
 ※ カタログ番号 BIS-CD-1116


オリジナルはピアノ独奏用の曲だけどメルマガではギター協奏曲風の演奏を紹介しといたよ

 
因みに

この曲のタイトルはしばしば“ホタ(Jota)”と紹介されることもあり

“ホタ”はアラゴン地方から始まったとされる伝統的な民族舞踊

スペイン各地に広がっていく過程でいろいろなバージョンが生まれたんだって


ついでに

アラゴン州テルエル県県都テルエル※のYouTube観光を楽しんでね
※ “Teruel Spain”へ“ジャンプ”!

地図中“ヨーロッパ”→“スペイン”→“バレンシア”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはノーバート・クラフトのギター、ピーター・ブレイナー指揮ラズモフスキー・シンフォニアの演奏です。
 NAXOSには他に
ベンノ・モイセイヴィチのピアノによる演奏(カタログ番号8.110689の7番)
アリシア・デ・ラローチャのピアノによる演奏(カタログ番号9.80585の6番)
アンジェラ・ヒューイットのピアノによる演奏(カタログ番号MVCD1074の6番)
ローサ・トレス=パルドのピアノによる演奏(カタログ番号8.554313の6番)
ウィリアム・ウェルボーンのピアノによる演奏(カタログ番号CAMCD-1149の12番)
マーティン・ジョーンズのピアノによる演奏(カタログ番号NI1734のDisc5の6番)
ホルヘ・フェデリコ・オソリオのピアノによる演奏(カタログ番号CDR90000-075の20番)
アンデシュ・ミオリンの10弦ギターによる演奏(カタログ番号BIS-CD-1116の12番)
エマヌエル・セグレのギターによる演奏(カタログ番号DE3347のDisc2の2番)
デュオ・ベルジュラックの演奏(カタログ番号CTH2347の7番)
などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。8.110で始まるアルバムはお試しサービスでは聴けません。
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では
グラナドス:ゴイェスカス
グラナドス:ゴイェスカス
グラナドスの孫弟子アリシア・デ・ラローチャのピアノによる演奏です。
グラナドス:スペイン舞曲集
グラナドス:スペイン舞曲集
こちらもラローチャのピアノによる演奏です。

ジョン・ウィリアムとジュリアン・ブリームのギターによる演奏です。

テルエル各地のパノラマビューです。

 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
JUGEMテーマ:音楽
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/990591
トラックバック