今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 交響曲 第9番“新世界より”から第1楽章   ドヴォルザーク | TOP | スコット・ジョプリンの新しいラグ(Scott Joplin's New Rag)   スコット・ジョプリン >>
カプリッチョ 変ロ長調 “最愛の兄の旅立ちに”     J.S.バッハ






今日はヨハン・セバスティアン・バッハ※(1685〜1750)のカプリッチョ 変ロ長調 “最愛の兄の旅立ちに”だよ
アルンシュタットの若き日のバッハ像
  “Arnstadt Germany”へ“ジャンプ”!

これはバッハがアルンシュタットの新教会(現在はバッハ教会)※でオルガニストを務めていた時代(1703〜1707)の作品
※ ストップ数21のヴェンダー・オルガン(上)とストップ数55
  のシュタインマイヤー・オルガン(下)
  バッハが弾いていたのはヴェンダーオルガン
  バッハの時代のパイプも残ってるらしいよ

スウェーデン王カール12世(1682〜1718)の軍楽隊のオーボエ奏者に採用されストックホルムへ旅立つ(1704年※)兄のヨハン・ヤーコプ・バッハ(1682〜1722)に捧げられたんだって
※ 当時バッハは19歳

第1曲 「兄に旅立ちをとどまらせようとする友人たち」
第2曲 「友人たちは兄に異国でふりかかるかもしれない様々な
    逆境を語る」
第3曲 「友人一同の嘆き」
第4曲 「やむを得ないと悟った友人たちが集い、別れを告げ
    る」
第5曲 「御者のアリア」
第6曲 「御者のラッパを模したフーガ」
という標題からもバッハの惜別の想いが伝わってくるね


ところで

アルンシュタットの領主アントン・ギュンター2世(1653〜
1716)の奥方アウグステ・ドロテア(1666〜1751)が召使たちと制作した“Mon plaisir※(直訳すると「私のお楽しみ」)”という人形の街は趣味のレベルをはるかに超えた芸術作品
※ “zum Rundgang”をクリック→右上の“weiter”を連続ク
  リックして“Bilder-Galerie”のところにアントン(下か
  ら2番目)とアウグステ(下から3番目)の肖像画があるよ

当時の人々の生活を見事に再現していて歴史的資料としても一級品なんだよ

"Mon plaisir"が飾られている離宮は現在アルンシュタット博物館(Schlossmuseum;城博物館)として一般に公開されているからアルンシュタットご訪問の際は是非お立ち寄りのほどを


地図中“ヨーロッパ”→“ドイツ”→“ライプツィヒ”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!



人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのは鈴木雅明のチェンバロによる演奏です。
 NAXOSには他に
アンドリュー・アペルのチェンバロによる演奏(カタログ番号BCD9005の4〜9番)
ロバート・ヒルのチェンバロによる演奏(カタログ番号CD92.102の1〜6番)
アルミン・タールハイムのチェンバロによる演奏(カタログ番号C51072のDisc2の1番)
リナルド・アレッサンドリーニのチェンバロによる演奏(カタログ番号OP30258の6〜11番)
グスタフ・レオンハルトのチェンバロによる演奏(カタログ番号13002-2の13番)
デヴィッド・ブリットンのオルガンによる演奏(カタログ番号DE3077の2番)
ケヴィン・ボウヤーのオルガンによる演奏(カタログ番号NI5738-40のDisc2の2〜7番)
ヴォルフガンク・リュプザムのピアノによる演奏(カタログ番号8.550692の14〜19番)
レオン・フライシャーのピアノによる演奏(カタログ番号ATM-CD-1796の1〜6番)
フリードリヒ・ウィルヘルム・シュヌアーのピアノによる演奏(カタログ番号MM1022の2番)
Gergely Sarkozyのリュートによる演奏(カタログ番号HCD12666の5番)
エンノ・フォールホルストのギターによる演奏(カタログ番号8.555369の7番)
ウォルフガング・バッシュのトランペットとヴォルフガンク・リュプザムのオルガンによる演奏(カタログ番号PH08060の17番)
レナード・スラットキン指揮BBC交響楽団の演奏(カタログ番号CHSA5030の6番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。8.110で始まるアルバムはお試しサービスでは聴けません。
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では
Legendary Performers - Landowska - Bach: Goldber Variations
Legendary Performers - Landowska - Bach: Goldber Variations
ワンダ・ランドフスカの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc2の24〜29番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
バッハ:半音階的幻想曲とフーガ~チェンバロ作品集
バッハ:半音階的幻想曲とフーガ~チェンバロ作品集
グスタフ・レオンハルトの演奏です。
バッハ:フランス組曲(全曲)
バッハ:フランス組曲(全曲)
ユゲット・ドレフュスの演奏です。(試聴できません)
バッハ・リサイタル
バッハ・リサイタル
イリーナ・メジューエワの演奏です。
主よ、人の望みの喜びよ / バッハ小品集
主よ、人の望みの喜びよ / バッハ小品集
山下和仁の演奏です。
バッハ名演集
バッハ名演集
ヴィルヘルム・ケンプの演奏です。(試聴できません)
Bach: Gamba Sonatas
Bach: Gamba Sonatas
リチャード・エガーの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで5〜10番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Bach: Harsichord Music in the Grand Manner
Bach: Harsichord Music in the Grand Manner
ロバート・エドワード・スミスの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで3〜8番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Bach: Chromatic Fantasy; Italian Concerto; Goldberg Variations (Aria)
Bach: Chromatic Fantasy; Italian Concerto; Goldberg Variations (Aria)
ルドルフ・ゼルキンの演奏です。(“最愛の…”は試聴できませんが他の収録曲をこちらで試聴できます)
Rosalyn Tureck Live in St. Petersburg
Rosalyn Tureck Live in St. Petersburg
ロザリン・テューレックの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1〜6番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Bach: Masterworks for Clavichord
Bach: Masterworks for Clavichord
こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1〜6番の“Listen”をクリックすると試聴できます。
アイゼナハバッハ・ハウスのコンサート
アイゼナハバッハ・ハウスのコンサート
試聴できません。

アルンシュタットの今の様子(後者の画像左端は聖母教会)。



 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
| - | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/988217
トラックバック