今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< カプリッチョ 変ロ長調 “最愛の兄の旅立ちに”     J.S.バッハ | TOP | アリとキリギリス(or蝉と蟻)   アンリ・ソーゲ >>
スコット・ジョプリンの新しいラグ(Scott Joplin's New Rag)   スコット・ジョプリン




今日はスコット・ジョプリン(1868?〜1917)の“スコット・ジョプリンの新しいラグ(Scott Joplin's New Rag)”だよ

これは1912年の作品で、まだ曲に楽天的なムードが漂っているでしょ

でもジョプリンが亡くなる3年前(1914)に出版した“マグネティック・ラグ(Magnetic Rag)”※からは明るい調子が消えて何ともメランコリックな感じ
※ 生前に出版した最後のラグ

梅毒による体調の悪化が影響しているんだろうなぁ

ジョプリンの演奏を録音したレコードは残っていないけど演奏を記録したピアノロールが残っていて
The Greatest Ragtime of the Century
The Greatest Ragtime of the Century
試聴はこちらで7〜9番をクリック!

上のCDで聞ける“メイプルリーフ・ラグ(Maple Leaf Rag)”はジョプリンが亡くなる前の年の4月に記録されたもの

多少指がもつれたりテンポが揺れたりするものの、いい塩梅(あんばい)にアドリブを効かせながら楽しそうに弾いてるね

ところが同じ年の6月に記録された“メイプルリーフ・ラグ”は惨憺たる演奏
こちらで1番をクリック!

ピアノロール特有の技術的問題のせいなのかもしれないけど

もしこれがジョプリンの演奏を忠実に再現したものなら4月から6月の間に病状が急速に悪化したのかも…


因みに

ジョプリンは末期の梅毒からくる精神疾患で1916年にニューヨーク州立の精神病院※に入院
※ “NY US”へ“ジャンプ”して
  40°47'20.09"N
  73°55'47.30"W

その病院で1917年4月1日に亡くなってるよ


おまけ

自動ピアノ※の仕組み
※ 6分くらいから説明が始まるよ


PS
来週は楽しい秋休み拍手


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはベンジャミン・ロブのピアノによる演奏です。
 NAXOSには他に
ルッツ・ケーラー指揮Hrブラスの演奏(カタログ番号C10839の14番)
ジョヴァンニ・デ・キアロのギターによる演奏(カタログ番号CRC2457の9番)
ブダペスト・ラグタイム・バンドの演奏(カタログ番号HCD71162の16番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では
ジョプリン:ラグタイム・ピアノ
ジョプリン:ラグタイム・ピアノ
ジェームズ・レヴァインの演奏です。
Joplin: Greatest Hits
Joplin: Greatest Hits
こちらもジェームズ・レヴァインの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで19番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
ジ・エンターテイナー〜ジョプリン / ピアノ・ラグ集
ジ・エンターテイナー〜ジョプリン / ピアノ・ラグ集
ジョシュア・リフキンの演奏です。
The Complete Piano Music of Scott Joplin [Box Set]
The Complete Piano Music of Scott Joplin [Box Set]
ジョン・アーピンの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc4の9番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Scott Joplin: His Complete Works
Scott Joplin: His Complete Works
リチャード・ジンマーマンの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc4の6番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Joplin: Rags and Waltzes
Joplin: Rags and Waltzes
ダニエル・ブルメンタールの演奏です。(試聴できません)
Whippin the Keys
Whippin the Keys
ウォリー・ローズの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで5番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Fingerbreaker
Fingerbreaker
Morten Gunnar Larsenの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで7番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Minnesota Wonder 88¥'s
Minnesota Wonder 88¥'s
ブッチ・トンプソンの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで16番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Scott Joplin Programmed by Jim Ritchie
Scott Joplin Programmed by Jim Ritchie
こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで20番の“Listen”をクリックすると試聴できます。
To You!
To You!
ジオラ・フェイドマンのクラリネット他の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで3番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Rhythm ¥'n¥' Flute
Rhythm ¥'n¥' Flute
Lise DaoustのフルートとLouise Bessetteのピアノによる演奏です。(“スコット・ジョプリンの…”は試聴できませんが他の収録曲をこちらで試聴できます)
This Joint Is Jumpin¥'
This Joint Is Jumpin¥'
ブラック・スワン・クラシック・ジャズバンドの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで12番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
The Mando Boys Live: Holstein Lust
The Mando Boys Live: Holstein Lust
ピーター・オストルーシュコ&マンド・ボーイズの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで3番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Grace & Beauty
Grace & Beauty
ニューオーリンズ・ラグタイム・オーケストラの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで9番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
The Art Of Scott Joplin / Schuller, New England Ragtime Ensemble
The Art Of Scott Joplin / Schuller, New England Ragtime Ensemble
ニューイングランド・ラグタイム・アンサンブルの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで10番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
The Best of Scott Joplin
The Best of Scott Joplin
こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisc1の16番の“Listen”をクリックすると試聴できます。
Scott Joplin, Elite Syncopations, Classic Ragtime From Rare Piano Rolls
Scott Joplin, Elite Syncopations, Classic Ragtime From Rare Piano Rolls
こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで10番の“Listen”をクリックすると試聴できます。
Scott Joplin: Ragtime Piano Roll [90th Anniversary Edition]
Scott Joplin: Ragtime Piano Roll [90th Anniversary Edition]
試聴できません。

 スコット・ジョプリン・ハウス※があるセントルイス今の様子です。
※ 38°38'13.43"N
  90°12'53.06"W
 Google Earthが使える人は“Saint Louis MO”へ“ジャンプ”するとセントルイスの衛星写真と街の写真が見られます。



 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック