今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 心変わりしたあなた(You've Changed)   カール・フィッシャー | TOP | 勝利の行進曲     グラズノフ >>
オラトリオ“蛮族の王ホロフェルネスに勝利し凱旋するユディト(勝利のユディータ)”第1幕から「Arma, caedes,…(武器、虐殺、…)」   ヴィヴァルディ



 
今日はアントニオ・ヴィヴァルディ(1678〜1741)のオラトリオ“蛮族の王ホロフェルネスに勝利し凱旋するユディト(勝利のユディータ)”第1幕から「Arma, caedes,…(武器、虐殺、…)」だよ

“勝利のユディータ”はヴィヴァルディが4つ作ったとされるオラトリオのうち唯一楽譜が現存するもので

1716年の8月にヨハン・マティアス・フォン・ダー・シュレンブルク※1(1661〜1747)率いる神聖ローマ皇帝とヴェネツィア共和国の同盟軍がケルキラ島※2からオスマン帝国軍を一掃したことを祝って作られたんだって
※1 ケルキラ島のヨハン像
※2 “Corfu Greece”へ“ジャンプ”!

ラテン語の台本はアッシリア王ネブカドネザル2世※1(BC630?〜BC562)の命を受けベトリア制圧にやってきたホロフェルネスを美女ユディトが討ち取った※2という聖書の“ユディト記”のお話を基にヤコポ・カセッティが書き下ろしたんだよ
※1 一番下
※2 ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ(1571
  〜1610)作


因みに

このオラトリオはヴィヴァルディが先生をしていたピエタの生徒達によって1716年11月に初演されたんだって


おまけ

演奏の動画

こちらの演奏も迫力あるよ


“海外旅行”→地図中の“ヨーロッパ”→“中欧へ”→“ギリシャ”とクリックして“ツアー検索”をクリック!


“海外旅行”→地図中“ヨーロッパ”→“中欧・ギリシャ・ロシアへ”→“ギリシャ”とクリックし“ツアー”、“航空券”etcから必要な情報をクリック!



人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてくれると嬉しいな〜

 メルマガでご紹介したのはアレッサンドロ・デ・マルキ指揮アカデミア・モンティス・レガリス、聖チェチーリア国立アカデミー室内合唱団の演奏です。
 NAXOSには他に
ニコラス・マギーガン指揮カペラ・サヴァリア、サヴァリア・ヴォーカル・アンサンブルの演奏(カタログ番号HCD31063-64のDisk1の1番)
フェレンツ・セケレシュ指揮ハンガリー国立管弦楽団、ブダペスト・マドリガル合唱団の演奏(カタログ番号CLD4022-23のDisk1の1番)
アッティリオ・クレモネージ指揮アンティポディーズ管弦楽団他の演奏(カタログ番号ABC4766957の2番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では
Vivaldi: Juditha Triumphans
Vivaldi: Juditha Triumphans
ロバート・キング指揮キングズ・コンソート他の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで3番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

 ケルキラ島今の様子です。



 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/984063
トラックバック