今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 交響曲第5番 ニ長調“宗教改革”から第1楽章   メンデルスゾーン | TOP | 心変わりしたあなた(You've Changed)   カール・フィッシャー >>
組曲“ラ・シャ−ンジャント(La changeante)”     ゲオルク・フィリップ・テレマン





今日はゲオルク・フィリップ・テレマン(1681〜1767)の組曲“ラ・シャ−ンジャント(La changeante)”だよ

"changeant(e)"をフランス語の辞書で調べてみると「移り気な」とか「変わりやすい」

てことでこの組曲の中身を見てみると

第1曲“Ouverture”
序曲
第2曲“Loure”
ルール(17世紀の舞曲)
第3曲“Les Scaramouches”
“道化役”とか“ならず者”
第4曲“Menuet I and II”
メヌエット
第5曲“La Plaisanterie”
プレザントリ(冗談)
第6曲“Hornpipe”
ホーンパイプ(16世紀のイギリスで登場した舞曲)
第7曲“Avec douceur”
“優しく”とか“穏やかに”
第8曲“Canarie”
カナリー(カナリア諸島の原住民の踊りを真似た17世紀フランスの踊り)

確かに変化に富んだ内容になってるね


ところで

7月11日からズ〜ッと太陽黒点ゼロの状態が続いてるね

以前、黒点が現れないのは次の活動へ向けてのウォーミングアップだという説を紹介したけど

太陽の活動は11年の周期性を離れてどんどん低下し、2015年以降はほとんど黒点が観測されなくなるだろうという予測が発表されてるよ


そうなると第2のマウンダー極小期の到来ってことになるけど

温室効果ガスによる温暖化が進行する地球がプチ氷河期に突入することはないみたい
(詳しく知りたい人はこちら)

尤も、だからといってメデタシメデタシってことにはならないんだろうね


兎に角

今後の予測は難しいけど太陽も“Change”の時期なのかなぁ


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてくれると嬉しいな〜
 
 メルマガでご紹介したのはサイモン・スタンデイジ指揮コレギウム・ムジクム 90の演奏です。
 NAXOSには他にニコラス・ウォード指揮ノーザン室内管弦楽団の演奏(カタログ番号8.553791の1〜8番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。(お試しサービスでは聴けないアルバムもありますので悪しからず)
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 メルマガでご紹介したアルバムです。
Telemann, Vol. 1: La Changeante
Telemann, Vol. 1: La Changeante
試聴はこちら

 今日の太陽



 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/982094
トラックバック