今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< アリとキリギリス(or蝉と蟻)   アンリ・ソーゲ | TOP | 歌劇“シチリアの晩鐘(シチリア島の夕べの祈り)”    第3幕バレエ“四季”から“秋”   ヴェルディ >>
序曲“秋に”     グリーグ






今日はエドヴァルド・グリーグ※(1843〜1907)の序曲“秋に”だよ
※ 1866年頃のグリーグ

1865年9月下旬、グリーグは当時の活動の拠点であったコペンハーゲン※からイタリア旅行に出発
※ “Copenhagen”へ“ジャンプ”!

途中ベルリン※1ライプツィヒ※2ドレスデン※3ウィーン※4ヴェネチア※5に立ち寄り、12月11日ローマ※6に到着
※1 “Berlin”へ“ジャンプ”!
  親友リカール・ノールローク(1842〜1866.3.20)と再会
  ノールロークの病気が悪化したため看病のためほぼ一ヶ月
  滞在(10月いっぱい)
  病状が快方へ向かうのを見届け、次の訪問先へ  
  因みに
  ノールロークはノルウェー国歌の作曲者
※2 “Leipzig”へ“ジャンプ”!
  1858年から1862年までライプツィヒ音楽院(現在はフェ
  リックス・メンデルスゾーン音楽演劇大学
)に留学してい
  たグリーグにはこの地に友人や知人が多く、彼のホ短調の
  ピアノ・ソナタとヘ長調のヴァイオリン・ソナタの演奏会
  の準備をする必要もあり一ヶ月ほど滞在
  グリーグ:ピアノソナタ
  グリーグ:ピアノソナタ
  ミハイル・プレトニョフの演奏
  Edvard Grieg: Violin Sonatas
  Edvard Grieg: Violin Sonatas
  オーギュスタン・デュメイのヴァイオリンとマリア・ジョ
  アン・ピリスのピアノによる演奏(試聴はこちらで1〜3番
  をクリック!)
  グリーグ:ヴァイオリンソナタ集
  こちらもデュメイとピリスの演奏
  因みに
  この演奏会が成功であったという知らせをローマで受け取
  ってるよ
※3 “Dresden”へ“ジャンプ”!
  数日滞在
※4 “Vienna”へ“ジャンプ”!
  12月4日に到着し6日にはヴェネツィアに向け出発
※5 “Venice”へ“ジャンプ”!
※6 “Rome”へ“ジャンプ”!

温暖な気候や歴史的建物、文化に新鮮な刺激を受けながらも改めて故郷の民俗音楽※1に思いを致して以前に作った歌曲“秋の嵐”※2を基にローマで作曲したのが序曲“秋へ”なんだ
※1 民族楽器ハリングフェーレにより演奏される舞曲
※2 Grieg: The Complete Songs, Vol. 6
  Grieg: The Complete Songs, Vol. 6
  モニカ・グループのメゾ・ソプラノとロジャー・ヴィグノ
  ールスのピアノによる演奏(試聴はこちらで9番をクリッ
  ク!)NAXOSではカタログ番号BIS-CD-1657の9番


当時、ローマで活躍していたフランツ・リスト(1811〜1886)の演奏会に出かけるなど

充実した日々を送っていたグリーグの許(もと)に親友ノールロークの訃報が届いたのは1866年4月上旬のこと

急遽予定を繰り上げ4月19日にローマを発ち帰路に就いたグリーグは

途中ベルリンにも立ち寄り親友の墓参りをして5月10日にコペンハーゲンに戻ったんだ


そして、序曲“秋に”をデンマークのみならずドイツでも有名であった大家ニルス・ゲーゼ(1817〜1890)に見てもらったんだけど、その評価は散々

尤も

これをピアノ連弾用に編曲した作品(1867年)がゲーゼも審査に加わったコンクールの1位に入賞していることからすると
Grieg: Klaviermusik zu vier Hnden (Piano Music for Four Hands)
Grieg: Klaviermusik zu vier Hnden (Piano Music for Four Hands)
ケルン・ピアノ・デュオの演奏(“秋に”は試聴できないけど他の収録曲をこちらで試聴できるよ)
NAXOSではカタログ番号0017072BCの11番

オーケストレーションに問題があったんだろうね


で、グリーグが序曲“秋に”に手を加えて(1887年)オーケストラで初めて演奏されたのは初稿の完成から23(or22)年後の1888年なんだよ


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてね

 メルマガでご紹介したのはオッコ・カム指揮イェーテボリ交響楽団の演奏です。
 NAXOSには他に
カール・シューリヒト指揮シュトゥットガルト放送交響楽団の演奏(カタログ番号CD93.149の1番)
ペトリ・サカリ指揮アイスランド交響楽団の演奏(カタログ番号CHAN9028の5番)
ビャルテ・エンゲセト指揮ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団の演奏(カタログ番号8.557279の1番)
オーレ・クリスティアン・ルード指揮ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏(カタログ番号BIS-SACD-1191の1番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。8.110で始まるアルバムはお試しサービスでは聴けません。
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。
 作曲家別検索はこちら

 NAXOS以外では
Grieg: Orchestral Works
Grieg: Orchestral Works
サー・トーマス・ビーチャム指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisk2の1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Grieg: Complete Music with Orchestra
Grieg: Complete Music with Orchestra
ネーメ・ヤルヴィ指揮イェーテボリ交響楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisk1の4番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
グリーグ:交響曲
グリーグ:交響曲
こちらもヤルヴィ・イェーテボリ響の演奏です。
Grieg: Works for Orchestra
Grieg: Works for Orchestra
モーリス・アブラヴァネル指揮ユタ交響楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisk1の10番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
グリーグ:管弦楽曲集
グリーグ:管弦楽曲集
サカリ・オラモ指揮バーミンガム市交響楽団の演奏です。
グリーグ:ピアノ協奏曲
グリーグ:ピアノ協奏曲
ウーレ・クリスティアン・ルード指揮ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。

 ローマ今の様子です。



 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/874596
トラックバック