今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 野ばら | TOP | 大学祝典序曲 >>
ペルシャの市場にて
 

 アルバート・ウイリアム・ケテルビーの“ペルシャの市場にて”でした。けったいな名前ですがケテルビーは正真正銘の英国人です。
 この曲は、らくだの行列が市場に近づいてお乞食さんや姫の行列、奇術師や蛇使い、カリフの行列に出会い、そして去っていく情景を描写したものです。
 メルマガでご紹介したオルガンでの演奏では聞こえませんが、オーケストラでの演奏の途中歌らしきものが聞こえるのは、お乞食さんがバ〜クシ〜シ(Back-sheesh)バ〜クシ〜シ、ア〜〜ラ〜(Allah)と3回叫ぶのに対して、らくだ使いがエ〜ンプシ〜(Empshi)エ〜ンプシ〜、エ〜〜ンプシと応えているのです。要するに「アッラーの名においてお恵みを〜」というお乞食さんに「あっち行け〜」と言っているのですね。
 これだけのために合唱団を用意するのはお金もかかるし、「お恵みを〜」ってのを美しく合唱するのも変ですから、楽団員が弾きながら歌っているのではないしょうか。
 NAXOSではエイドリアン・リーパー指揮スロバキアラジオ交響楽団の演奏(カタログ番号 8.223442の15番)とケテルビー指揮アルバート・ケテルビー・コンサート・オーケストラの演奏(カタログ番号 8.110848の10番)をお楽しみ頂けます。モノラル録音で音質は少々劣りますがケテルビーの自作自演は一聴の価値あり。
 カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。

 NAXOS以外ではこちら。

ペルシャの市場にて/オーケストラ名曲集
ペルシャの市場にて/オーケストラ名曲集
 どれもどこかで聴いたメロディーばかりだと思います。特に「口笛吹きと犬」はワンコとウキウキお散歩に出かけたくなるような曲です。

 このブログもお世話になってます。簡単にできちゃいました。但し隊長は“ナウ”でも“ヤング”でもないのですが…
| - | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/85352
トラックバック