今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< ピアノ協奏曲 第21番から第2・3楽章 | TOP | 交響曲 第36番 “リンツ”から第1楽章   モーツァルト >>
“サマー・サンバ(Summer Sanba)” or “So Nice”       マルコス・ヴァーリ


今日はマルコス・ヴァーリ(1943〜)の“サマー・サンバ(Summer Sanba)”だよ

イパネマの娘と同じくボサノバの定番だね


この曲の人気に火をつけたのはワルター・ワンダレイ・トリオの演奏

なかなかいいでしょ


英語圏では“So Nice”っていうタイトルでも知られてるね

オリジナルの歌詞はポルトガル語(原題;Samba do Verão)でマルコスのお兄さんのパウロ・セルジオが作ったもの

で、こちらノーマン・ギンベル(1927〜)による英語の歌詞だよ


ところで

ヴァーリの故郷リオデジャネイロはボサノバの生まれたところ

ボサノバはサンバにジャズの風味を加えたものでジャズ・サンバともいわれるね

こちらでいろいろ聞いたり見たりできるよ


ついでに

リオデジャネイロのYouTibe観光も楽しんでちょ


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてくれると嬉しいな〜

 メルマガでご紹介したのはクラウディオ・カサノヴァと彼のオーケストラの演奏です。
 NAXOSには他に聞き比べのできる演奏はありませんのでこちらをお楽しみください。
 NAXOSのアルバムは1日15分無料で鑑賞できます。曲の聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。15分の範囲で曲を最後まで聞くことができます。

 NAXOS以外ではこちら
サマー・サンバ+2
サマー・サンバ+2
アストラッド・ジルベルト&ワルター・ワンダレイ・トリオの演奏です。(試聴できません)
Ultra-Lounge, Vol. 14: Bossa Novaville
Ultra-Lounge, Vol. 14: Bossa Novaville
ワンダ・サーとセルジオ・メンデスの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで18番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Astrud Gilberto¥'s Finest Hour
Astrud Gilberto¥'s Finest Hour
アストラッド・ジルベルトの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで6番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Summer Samba: Eumir Deodato Plays Marcos Valle
Summer Samba: Eumir Deodato Plays Marcos Valle
エウミール・デオダートの演奏です。(試聴できません)
サマー・サンバ
サマー・サンバ
ワルター・ワンダレイ・トリオの演奏です。(試聴できません)
サマー・サンバ
サマー・サンバ
ハリー・アレン、ロン・カーター他の演奏です。(試聴できません)
サマー・サンバ
サマー・サンバ
ドリス・モンテイロ、ワルター・ワンダレイ他の演奏です。(試聴できません)

 こちら※はリオデジャネイロのスライドショーです。※ 音付き
 Google Earthが使える人は“Rio de Janeiro Brazil”へ“ジャンプ”すると衛星写真と街の写真が見られます。



 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
| ブラジル | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック