今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< チキ・チキ・バン・バン(Chitty Chitty Bang Bang)  ロバート&リチャード・シャーマン | TOP | 組曲“スペイン”から“タンゴ”   アルベニス >>
“ブラジル風バッハ”第1番から第1楽章  ヴィラ=ロボス


今日はエイトル・ヴィラ=ロボス(1685〜1750)の“ブラジル風バッハ”第1番から第1楽章だよ

リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)出身のヴィラ=ロボスがブラジルの民族音楽を基本にバッハのような組曲を目指してできたのが“ブラジル風バッハ”

第1番の8台のチェロっていう編成が珍しいでしょ

有名な第5番も8台のチェロ + ソプラノっていう編成になってるんだよ

ヴィラ=ロボスはチェロの音色が好きだったんだろうね


ところで

リオ・デ・ジャネイロには“コルコバードのキリスト像”※があるね
※ 画面左上の“TOUR VIRTUAL”をクリック!
位置情報
22°57'5.61"S
43°12'38.28"W


PS
台風・地震で被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申しあげます


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてくれると嬉しいな〜

 メルマガでご紹介したのはアンドリュー・モグレリア指揮ナッシュビル交響楽団チェロパートの演奏です。
 NAXOSには聞き比べのできる演奏がありませんのでこちらをお楽しみください。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。8.110で始まるアルバムはお試しサービスでは聴けません。
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。

 NAXOS以外ではこちら
Villa-Lobos: Bachianas Brasileiras Nos. 1, 2, 5 & 9 / ORTF National Orchestra, De Los Angeles
Villa-Lobos: Bachianas Brasileiras Nos. 1, 2, 5 & 9 / ORTF National Orchestra, De Los Angeles
エイトル・ヴィラ=ロボス指揮フランス国立放送管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで7番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
South American Getaway
South American Getaway
ベルリンフィルの12人のチェリストたちの演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Bach Bachianas
Bach Bachianas
イェール・チェロ合奏団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Heitor Villa-Lobos: Bachianas Brasileias Nos. 1, 5 & 7
Heitor Villa-Lobos: Bachianas Brasileias Nos. 1, 5 & 7
エンリケ・バティス指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで3番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

 こちら※はリオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)の今の様子です。※ オン・ラインは現地時間で13:00〜24:00(日本時間1:00〜12:00)
 Google Earthが使える人は“リオデジャネイロ”へ“ジャンプ”すると衛星写真と街の写真が見られます。



 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
| ブラジル | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック