今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< クープランの墓     ラヴェル | TOP | 交響曲 第交響曲2番から第3楽章    ラフマニノフ >>
ブランデンブルク協奏曲 第6番   J・S・バッハ


今日はJ・S・バッハのブランデンブルグ協奏曲 第6番だよ

15分に収まってるのはメルマガの演奏だけだったから

お試しサービスで聴く人はそっちを聴いてね


ブランデンブルク協奏曲のほとんどはケーテン時代に作られてるんだ

でも第6番と第3番はその前のヴァイマル時代の作品

作曲順に言うと第6番は“第1番”なんだな


この曲はヴィオラ、チェロ、コントラバス、チェンバロで演奏されるんだ

ヴァイオリン抜きの楽器編成って変わってるでしょ


メルマガで紹介したのはオリジナル楽器による演奏だから

ヴィオラ・ダ・ガンバヴィオローネが使われてるんだろうね

ヴィオラ・ダ・ガンバは完全に足で挟んで演奏するんでチェロのエンドピンに相当するものはないんだ

それにチェロとは違ってフレットがあり、裏板はまっ平(たい)ら

弓の持ち方も違うんだよ→ヴィオラ・ダ・ガンバチェロ

ヴィオラ・ダ・ガンバの弓の持ち方はチェロよりコントラバスのそれに近いね

さらにコントラバスのご先祖様のヴィオローネにはフレットがあったしコントラバスの裏板はまっ平らなのが一般的

なんでこんな具合にヴィオラ・ダ・ガンバとコントラバスが似ているのかってぇと

それは両者が同じヴィオール属の仲間だからなんだ

もっとも、現代のコントラバスはヴィオール属とヴァイオリン属の中間にあるって考える人もいるんだけど…


ま、いずれにせよヴィオラ・ダ・ガンバはヴァイオリン属のチェロよりコントラバスに近いってことだね


※ チェロの裏板はこんな具合にふくらんでるんだよ


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてくれると嬉しいな〜

 メルマガでご紹介したのはスイス・バロック・ソロイスツによるオリジナル楽器を使用した演奏です。
 NAXOSには他に
鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンによるオリジナル楽器を使用した演奏(カタログ番号BIS-CD-1151-52のDisk2の7〜9番)
ヘルムート・ミュラー=ブリュール指揮ケルン室内管弦楽団の演奏(カタログ番号8.554607の11〜13番)
マリオ・ベルナルディ指揮CBCバンクーバー管弦楽団の演奏(カタログ番号SMCD5028-2のDisk2の7〜9番)
ヘルムート・リリング指揮オレゴン・バッハ祝祭管弦楽団の演奏(カタログ番号CD92.126のDisk2の7〜9番)
ヤーノシュ・ローラ指揮ブダペスト・フランツ・リスト室内管弦楽団の演奏(カタログ番号HCD12618-19のDisk2の7〜9番)
チェロ・アンサンブル・ヴァージョン(カタログ番号8.557816の2〜4番)
ギター・アンサンブル・ヴァージョン(カタログ番号CD98.401の12番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。聴き方は隊長が“まぐまぐ”から発行している無料のメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。
 上記メルマガの登録・解除はこちらでできます。

 NAXOS以外ではこちら
Bach: Brandenburg Concertos
Bach: Brandenburg Concertos
カラヤン・ベルリンフィルの演奏でブランデンブルグ協奏曲を全曲楽しめます。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisk2の7〜9番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番〜第6番/管弦楽組曲第2番/同第3番
バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番〜第6番/管弦楽組曲第2番/同第3番
こちらもカラヤン・ベルリンフィルの演奏です。全曲。(試聴はできません)
Bach J.S.: Brandenburg Concertos Nos. 4 - 6 [Germany]
Bach J.S.: Brandenburg Concertos Nos. 4 - 6 [Germany]
これもカラヤン・ベルリンフィルの演奏です。4番から6番のみ。(試聴はできません)
Bach: Brandenburg Concertos Nos. 5 & 6; Orchestral Suite No. 1
Bach: Brandenburg Concertos Nos. 5 & 6; Orchestral Suite No. 1
ネヴィル・マリナーの演奏をお楽しみください。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで4〜6番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Bach: Brandenburg Concertos (Complete)
Bach: Brandenburg Concertos (Complete)
“四季”の演奏で有名なイ・ムジチでお楽しみください。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisk2の7〜9番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Bach: Brandenburg Concertos
Bach: Brandenburg Concertos
ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのオリジナル楽器による演奏をお楽しみください。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisk2の4〜6番の“Listen”をクリックすると試聴できます)
Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6
Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6
オリジナル楽器を使用したピノックによる自然な演奏をお楽しみください。(こちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisk2の4〜6番の“Listen”をクリックすると試聴できます)

 こちらはヴァイマルの劇場広場の今の様子です。
ヴァイマルの劇場広場の位置情報
50°58'47.73"N
11°19'32.50"E
 Google Earthが使える人は上の位置情報でヴァイマルの衛星写真と街の写真が見られます。



 このブログはメルマガの発行に併せて更新されます。
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/508043
トラックバック