今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 時の過ぎ行くままに | TOP | ビッグ・マイ・シークレット(Big My Secret) >>
コーヒーカンタータ     J・S・バッハ



今日はコーヒーがらみの音楽だよ

でも「むかしア・ラ・ブ・の・エ・ラ・イ・おぼ〜さんが〜‥‥」じゃないからね

コーヒー好きのJ・S・バッハが作ったカンタータ 第211番 「お静かに,おしゃべりせずに」(コーヒーカンタータ)から「ああ、なんてコーヒーは美味しいんでしょう」だよ

“コーヒーカンタータ”はね


親父様は娘(リースヒェン)のコーヒー好きをやめさせようと必死

いろいろ言うのだけれど娘は聞きゃしない

ついには「じゃ結婚させんぞ!」

これには娘も折れて「コーヒー止めるヮ、だから今日中に婿さん連れてきて!」

親父様は急いで婿探しに

娘は「へへへ、婿さんにいつでもコーヒー飲んでいいって約束させちゃうんだから」

娘のほうが一枚上手だったのでした

チャンチャン


ってなお話し

いつの世もお父さんは娘に振り回されるってことかな


人気blogランキングへ←気に入ったらポチしてくれると嬉しいな〜

 メルマガでご紹介したのはキャロリン・サンプソンのソプラノ、鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンのオリジナル楽器による演奏です。
 娘が親父様に「今日中に婿さん連れてきて〜」とせがむ音楽も楽しくていいですよ。(トラックの18番です)
 NAXOSには他にクリスティーネ・シェーファーのソプラノ、ヘルムート・リリング指揮シュツットガルト・バッハ・コレギウムの演奏(カタログ番号 CD92.066の14番、18番もお勧め)イングリッド・ケルテジのソプラノ、マーティアス・アンタル指揮ファイローニ室内管弦楽団の演奏(カタログ番号 8.550641の4番、8番もお勧め)スージー・ルブランのソプラノ、ジャン・ラモン指揮ターフェルムジーク・バロック・オーケストラのオリジナル楽器による演奏(カタログ番号 FL23136の4番、8番もお勧め)があります。リリングの演奏ではシェーファーのソプラノが聞物です。
 1日15分無料で鑑賞できます。カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。

 NAXOS以外ではこちら
バッハ:コーヒー・カンタータ&結婚カンタータ
バッハ:コーヒー、農民、結婚カンタータ
バッハ:コーヒー、農民、結婚カンタータ
エリー・アメリングの優しい歌声が秀逸です。コレギウム・アウレウムの演奏もすばらしい。(残念ながら試聴はできません)

 バッハは18世紀前半の約10年間、ライプツィヒの“ツィンマーマン・コーヒーハウス”で大学生の演奏団体「コレギウム・ムジクム」を指揮してコンサートを開いておりました。あ〜、羨ましい!タイムスリップしてその会場に潜り込みたいな〜(こちらはライプツィヒの今の様子です。)
| - | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/283266
トラックバック