今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 喜歌劇“天国と地獄”序曲 | TOP | 時の過ぎ行くままに >>
主よ人の望みの喜びよ
 J・S・バッハのカンタータ第147番「心と口と行いと命」から“主よ人の望みの喜びよ”でした。
 メルマガでご紹介したのは鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンのオリジナル楽器による演奏です。
 「バッハ(Bach)はバッハではなくメーア(Meer)だ」と語ったのはベートーヴェンです。ドイツ語でBachは小川、Meerは海という意味です。つまり、バッハはちっぽけな小川ではなく大海だということです。しかし、その後の音楽の源流となったという意味ではバッハはやはりBachなのではないでしょうか。
 NAXOSには他にアンデシュ・ウールワル指揮ドロットニングホルム・バロック・アンサンブル他のオリジナル楽器による演奏(カタログ番号 SCD1091の9番)ヘルムート・リリング指揮シュツットガルト・バッハ・コレギウムの演奏(カタログ番号 CD92.045の14・18番)カナディアン・ブラスによる演奏(カタログ番号 PSCD2016の7番)ベルタラン・ホックのオルガンによる演奏(カタログ番号 8.553859の6番)ウォルフガング・ルブサムのオルガンによる演奏(カタログ番号 7151の5番)ロバート・アランのオルガンによる演奏(カタログ番号 7034の17番)クロード・リッパスのトランペットによる演奏(カタログ番号 CD98.321の15番)イディル・ビレーのピアノによる演奏(カタログ番号 8.223452の5番)ワルター・ギーゼキングのピアノによる演奏(カタログ番号 8.110658の12番)ビヴァリー・ジョンストンのマリンバによる演奏(カタログ番号 2-1033の14番)などがあります。
 1日15分無料で鑑賞できます。曲の聴き方は別館(HP)の“メルマガのバックナンバー”で今日の日付のところを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。

 NAXOS以外ではこちら
天使の歌声 〜ザ・ベスト・オブ・ウィーン少年合唱団
またまた登場!。(こちらで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます。)

 こちらはドレスデンの聖母教会の今の様子です。
| - | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/279412
トラックバック