今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< ウィーンの森の物語 | TOP | 主よ人の望みの喜びよ >>
喜歌劇“天国と地獄”序曲
 ジャック・オッフェンバックの喜歌劇“天国と地獄”序曲でした。
 メルマガでご紹介したのはアルフレート・ヴァルター指揮チェコスロヴァキア国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。
 日本では“天国と地獄”でお馴染みですが、原題は“地獄のオルフェ(Orphee aux enfers)”です。オルフェウスの神話についてはこちらをどうぞ。
 聞き比べると分かりますがメルマガで御紹介した演奏はかなり遅めのテンポ設定です。
 NAXOSには他にマルティン・ジークハルト指揮スロヴァキア放送ブラティスラヴァ交響楽団の演奏(カタログ番号 7076の7番)アンジェラ・デュボーとラ・ピエタの演奏(カタログ番号 AN28723の2・3番)ピーター・フォーク(あのコロンボ警部?まさかね…)指揮カイザースラウテルン放送管弦楽団の演奏(カタログ番号 CD93.020のDisk1の14番)があります。
 1日15分無料で鑑賞できます。カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。

 NAXOS以外ではこちら
名序曲集
親しみやすい曲目ばかりがこの値段で2枚組。しかもカラヤン、バーンスタイン、カルロス・クライバー、アバドなどなど名指揮者揃い。オケもベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ロンドン・フィルなどなど。思わず「ほんまかいな」。何度も値段を確認してしまいました。超お薦めです。(ご紹介したCDではありませんが、カラヤン・ベルリンフィルの演奏はこちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで1番の“Listen”をクリックすると試聴できます。)

 こちらは、天国に一番近い島、ニューカレドニアの観光局のHPです。そしてこちらは今の様子です。

 最近、冬季五輪で活躍したフィギュアの選手をTVのCMでよくみかけます。そこで彼女たちが使った音楽を採り上げた日付をまとめておきます。
荒川選手
ショート                2月23日
フリー                 2月15日
エキシビジョンのアンコール    2月27日
村主選手
フリー                 2月24日
| - | 00:01 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
カキコありがとうございました。
また遊びにいらしてください。
ブログ頑張って下さいね♪
| りずむ | 2006/06/20 10:54 AM |
ご来場ありがとうございます
また寄らせていただきます
ご声援ありがとうございます
ガンバリマスです
| Fogg隊長 | 2006/06/20 12:53 PM |
P.S.
若年性痴呆気味のFogg隊長ゆえ
「あれっ、この人のURL何だっけ?」
ということもしばしば…
URL残していって頂けるとありがたいです
| Fogg隊長 | 2006/06/20 1:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/278590
トラックバック