今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< スケルツォ−タランテラ | TOP | “シルヴィア”から“行進曲”と“バッカスの行列” >>
ホルベアの時代から
 エドヴァルド・グリーグの“ホルベアの時代より”でした。
 メルマガでご紹介したのはネヴィル・マリナー指揮アカデミー・オブ・セントマーティン・イン・ザ・フィールドの演奏です。
 NAXOSには他にテーリェ・テンネセン指揮ノルウェー室内管弦楽団の演奏(カタログ番号 BIS-CD-147の1〜5番)Ole Kristian Ruud指揮ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏(カタログ番号 BIS-SACD-1491の1〜5番)ブルース・ワインバーガー指揮Rascherサキソフォン・オーケストラの演奏(カタログ番号 BIS-NL-CD-5023の4〜8番)アイナール・スティーン=ノクレベルクのピアノによる演奏(カタログ番号 8.550884の1〜5番)János Sebestyénのオルガンによる演奏(カタログ番号 8.550791の8・9番)があります。
 1日15分無料で鑑賞できます。カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。

 NAXOS以外ではこちら
グリーグ:作品集
一流の演奏家によるグリーグ入門。ギレリスのピアノも一聴の価値あり。(こちらでDisk1の9〜13番の“Listen”をクリックすると試聴できます。)

 こちらは、グリーグやホルベア縁の地であるベルゲンの南方のハウゲスンの今の様子です。
| - | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/274137
トラックバック