今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “戴冠式アンセム”から“正義と裁きを” | TOP | フルート四重奏曲 第1番     モーツァルト >>
カルミナ・ブラーナ
 カール・オルフの“カルミナ・ブラーナ”から “おお、運命の女神よ”でした。
 メルマガでご紹介したのはローランド・ポンティネンとラヴ・ダーウィンガーのピアノ、セシリア・ライジンガー・アリン指揮Kroumata・パーカッション・アンサンブル、アルマナ合唱団の演奏です。
 NAXOSには他にギュンター・ヴァント指揮北ドイツ放送交響楽団・合唱団の演奏(カタログ番号 PH05005の1・25番)スティーヴン・ガンゼンハウザー指揮スロヴァキア放送ブラティスラヴァ交響楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団の演奏(カタログ番号 8.550196の1・25番)Gareth Kochのギターによる演奏(カタログ番号 ABC4767496のDisk2の1・15番)があります。
 15分無料で鑑賞できます。カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。曲を最後まで聞くことができます。

 NAXOS以外ではこちら
ベルリン、フィルハーモニーの名録音
ベルリンフィルの演奏から選りすぐりをどうぞ。(ご紹介したCDではありませんが小澤・ベルリンフィルの演奏はこちらで1・25番の“Listen”をクリックすると試聴できます。)

 こちらは“カルミナ・ブラーナ”が初演され、ワールドカップを目前に控えたフランクフルトの今の空模様です。
| - | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/267544
トラックバック