今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 雨に唄えば | TOP | 交響曲 第1番  W.A.モーツァルト >>
雨だれ  ショパン


 フレデリック・ショパンの24の前奏曲 第15番 変ニ長調 作品28の15“雨だれ”でした。
 ジョルジュ・サンドとの恋がスキャンダラスに喧伝されるパリ社交界を逃れたショパンはサンドとの逃避行の地、地中海のマジョルカ島でこの曲を作りました。“雨だれ”というタイトルはサンドの著作「わが生涯の歴史」の中の記述に由来するのですが、その記述に該当するのは同じ曲集の6番(トラックの6番)なのではないかという説もあります。確かに“雨だれ”の音が聞こえてくるような…
 メルマガでご紹介したのはイディル・ビレーのピアノによる演奏です。因みにトラックの7番は「い〜い薬です」のCMでお馴染みのメロディーです。
 NAXOSには他にエヴァ・スコヴァのピアノによる演奏(カタログ番号 7023の10番)Irina Zaritzkayaのピアノによる演奏(カタログ番号 8.550291の11番)アルフレッド・コルトーのピアノによる演奏(カタログ番号 8.111023の15番)パブロ・カザルスのチェロ、ニコライ・メトニコフのピアノによる演奏(カタログ番号 8.110972の11番)などがあります。
 1番目と2番目の演奏を聞き比べるとテンポの取り方が随分違うことが分かります。
 カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。

 NAXOS以外ではこちら
別れの曲~ショパン名曲集
ショパンの名旋律がキラ星のごとし。アシュケナージは指揮の方で忙しいようですが、もっと彼のピアノが聞きたいな〜(ご紹介したCDそのものではありませんがこちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところでDisk1の2番の“Listen”をクリックすると試聴できます。)

 こちらはマジョルカ島のとあるマリーナの今の様子です。(画像は自動更新されません)
| - | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/245506
トラックバック