今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< 月の光  ドビュッシー | TOP | 雨に唄えば >>
オルガン協奏曲 第13番“カッコーとナイチンゲール”


 G.F.ヘンデルのオルガン協奏曲 第13番“カッコウとナイチンゲール”でした。
 メルマガでご紹介したのはJohann Aratoreのオルガン、John Tinge指揮ヘンデル・フェスティヴァル室内管弦楽団の演奏です。
 NAXOSには他にジュヌヴィエーヴ・ソリー(Genevieve Soly)のオルガン、ジャン=フランソワ・ リヴェスト(Jean-Francois Rivest)指揮アンサンブル・カール・フィリップの演奏(カタログ番号 Disk1のFL23152-5の13〜17番)ポール・ニコルソンのオルガン、ハリー・クリストファーズ指揮シンフォニー・オヴ・ハーモニー&インヴェンション、ザ・シックスティーンの演奏(カタログ番号 COR16011の17・29番)があります。
 ヘンデルのオルガン協奏曲は後者のようにオラトリオの幕間で演奏されることもありました。
 カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。

 NAXOS以外ではヘンデル:オルガン協奏曲全集こちら。オルガンは名手エヴァーハルト。バックはコレギウム・アウレウム合奏団。ちょっと高いですけどオルガンの名器の音色がいろいろ楽しめます。
 ご紹介したCDとは異なりますが、ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの古楽器による演奏をこちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで24〜28番の“Listen”をクリックすると試聴できます。

 カッコーの画像と鳴き声はこちらでどうぞ。こちらはナイチンゲールの画像のみ。
| - | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/242404
トラックバック