今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< “皇帝サルタンの物語”から“くまんばちは飛ぶ”   リムスキー=コルサコフ | TOP | 交響曲第1番ニ長調「古典交響曲」   プロコフィエフ >>
ハーリ・ヤーノシュ   コダーイ
 

 ゾルタン・コダーイの“ハーリ・ヤーノシュ”でした。
 メルマガでご紹介したのはマーティアス・アンタル指揮ハンガリー国立交響楽団の演奏です。
 ハンガリーでは“くしゃみ”で始まる話は本当だといわれています。もっともハーリ・ヤーノシュはほら吹きハーリの“くしゃみ”で始まるのですが…
 第3・5曲でポロンポロンと活躍しているのはハンガリーの民族楽器のツィンバロンです。
 NAXOSには他にホセ・セレブリエール指揮チェコ国立ブルノ管弦楽団の演奏(カタログ番号 BIS-CD-875の25〜30番)アンドリュー・デイヴィス指揮トロント交響楽団の演奏(カタログ番号 SMCD5068の7〜8番)があります。
 カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。

 NAXOS以外ではこちら
コダーイ:ハーリ・ヤーノシュ
巨匠ジョージ・セルがが20年以上かけて全米で5本の指に入るオケに育て上げたクリーブランド管弦楽団を指揮した演奏です。(ご紹介したCDそのものではありませんがこちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで9番の“Listen”をクリックすると一部試聴できます。)
| - | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/218093
トラックバック