今日の一曲 〜NAXOS探検隊〜

音楽の杜「NAXOS」を探検するぞ!

当ブログの内容は著作権法により保護されております
リンクはご自由になさって結構ですが
記事の転載はお断りしております

当ブログは“表示”→“文字サイズ”→“小”で編集しております
<< カンタータ 第208番(狩りのカンタータ)から“羊たちは安らかに草を食み” | TOP | “皇帝サルタンの物語”から“くまんばちは飛ぶ”   リムスキー=コルサコフ >>
オーボエ協奏曲(フルート協奏曲第2番) 第3楽章 W.A.モーツァルト


 W.A.モーツァルトのオーボエ協奏曲 第3楽章でした。
 メルマガでご紹介したのはマルティン・ガブリエルのオーボエ、ヨハネス・ビルトナー指揮ウィーン・モーツァルト・アカデミーの演奏です。
 NAXOSにはオーボエ協奏曲として聞き比べのできる演奏はありませんが、モーツァルトがフルート協奏曲に編曲したものがありますのでそちらをご紹介します。パトリック・ガロワのフルート、カタリナ・アンドレアソン指揮スウェーデン室内管弦楽団の演奏(カタログ番号 8.557011の3番)ラファエル・トレヴィザーニのフルート、パトリック・シュトルプ指揮シュツットガルト室内管弦楽団の演奏(カタログ番号 CD94.002の3番)シャロン・ベザリーのフルート、ユハ・カンガス指揮オストロボスニア室内管弦楽団の演奏(カタログ番号 BIS-SACD-153901の8番)などがあります。
 カタログ番号の使い方はメルマガを参照してください。

 NAXOS以外ではこちらのローター・コッホの演奏がお薦め。シュレンベルガーの前のベルリン・フィルの首席奏者です。少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで6番の“Listen”をクリックすると試聴できます。メルマガでご紹介したガブリエルの演奏と比べるとコッホの巧さが際だちます。
モーツァルト:フルート協奏曲第1番&第2番
パユの前のベルリン・フィルの首席奏者ゴールウェイの鮮やかな演奏です。(ご紹介したCDではありませんがゴールウェイの音色はこちらで少しスクロールダウンし“Listen to Samples ”のところで3番の“Listen”をクリックすると試聴できます。)
| - | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fogg.cheer.boy.jp/trackback/216119
トラックバック